NEW

JRA蛯名正義にノーザンファーム「激怒」で騎手生命の危機!? 超良血グランプリホース妹「故障誘発騎乗」疑惑で孤立無援か……

【この記事のキーワード】, ,
JRA蛯名正義にノーザンファーム「激怒」で騎手生命の危機!? 超良血グランプリホース妹「故障誘発騎乗」疑惑で孤立無援か......の画像1

 2016年に牝馬ながら宝塚記念(G1)を制し、同年の最優秀4歳以上牝馬にも選出されたマリアライトの全妹という良血馬エリスライト(牝3歳、美浦・久保田貴士厩舎)が、右トウ骨遠位端部分剥離骨折でリタイアという残念なニュースが飛び込んできた。詳しいことはまだわからないが、おそらく半年以上の休養が見込まれる。

 女傑マリアライトの妹としてデビューしたエリスライトは、昨年末の新馬戦を5馬身差で圧勝。オークス候補として大きく期待されたが、陣営は「まだまだ成長途上」として、じっくり育てたい方針を発表していた。

 短期放牧を挟み、復帰したのは2月17日のフリージア賞(500万下)。このレースのスタートで大きく出遅れたエリスライトは終始後方を追走し、最後の直線で脚を伸ばしたものの、3着馬に3馬身半差をつけられての4着に敗れた。

 デビュー戦から手綱を執る蛯名正義騎手は「まだまだこれからです」と今後に期待したが、レース後に骨折が判明。この一件を機に、エリスライト陣営内での雲行きが怪しくなっているようだ。

「どうやらエリスライトの放牧先だったノーザンファーム天栄の有力者が、今回の蛯名騎手の騎乗に相当お冠だったとか……。蛯名騎手も弁解し、久保田調教師も『エビちゃんもこの馬の将来のことを考えて』と庇ったようですが、すでにネット上でも『レース中から歩様に乱れがあったのでは』という噂もチラホラ聞かれ始め、怒りが収まらないようですね。

JRA蛯名正義にノーザンファーム「激怒」で騎手生命の危機!? 超良血グランプリホース妹「故障誘発騎乗」疑惑で孤立無援か……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話