NEW

パチスロ「AT機」復活「6号機」は危険? 規制緩和に対する業界関係者の「ホンネ」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「AT機」復活「6号機」は危険? 規制緩和に対する業界関係者の「ホンネ」とはの画像1

 パチンコ業界、ファンを震撼させた「出玉規制」。

 標準的な遊技時間(4時間)において、パチンコ・パチスロで獲得できる出玉の上限は”5万円以下”に制限される。もうけの上限を引き下げることで、「負けを取り戻そう」という思いを抑制することが狙いだ。

 特に厳しい状況に陥るのは「パチスロ」だと考えられていた。

 大当たりの出玉の上限は480枚(9600円相当)から300枚(6000円相当)へ変更。出玉率が119%から115%に引き下げられるなど、パチンコよりも厳しい内容と言えるだろう。

 ART機だけではなく、『ジャグラー』のような射幸性の低いノーマル機にも影響を与える「絶望的」な内容。「遊技人口の大幅な激減も避けられない」との意見が続出するのも当然だ。

 新たに登場するパチスロ「6号機」に関しては、絶望の声しか寄せられていなかったのだが……。

「自主的措置」によって状況は一変する。

 5.9号機で実施されている「ART抽選の設定差」、有利区間中であることを遊技者に知らせる「告知義務」の廃止。さらには「1Gあたりの純増枚数を2.0枚以下(ボーナス込み)」、「純増枚数3枚まで」の上限も撤廃されたのだ。

「最大出玉2400枚」という内容は追加されたが、パチスロの「ゲーム性を格段に広げる」ことが可能になった。純増3枚以上の爆裂AT・ARTの開発が実現するなど、6号機への期待は高まる一方だが……。

パチスロ「AT機」復活「6号機」は危険? 規制緩和に対する業界関係者の「ホンネ」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!