NEW

パチンコ「不快な仕打ち」頂点は? ユーザーによって選ばれた「こんなホールは嫌だ」特集

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「不快な仕打ち」頂点は? ユーザーによって選ばれた「こんなホールは嫌だ」特集の画像1

 最近はパチンコユーザーの「マナー違反」を指摘する声が目立ちます。確かに「台パン」「覗き見」「掛け持ち遊技」など、周囲を不快にさせる行為が許されないのは当然ですが......。

「不快」に感じるのはユーザーの行動だけではありません。ホール側の対応などに「怒り」を覚えたこともあるのではないでしょうか?

 今回は「こんなホールは嫌だ」と感じてしまう、ホールの対応をまとめてみたいと思います。

確変中なのに「イライラ」が止まらない

 近年のパチンコホールは、サービスや設備の充実が進んでいます。その代表として挙げられるのは、台1台ずつで出玉の計測を行い玉数の管理をする「各台計数システム」でしょう。

 大当り後は玉を流せばモニターに玉数が表示されるため、1回の当たりで「何玉得られたのか」を正確に把握することが可能です。同時に「現時点で獲得している玉数」も瞬時に確認できます。「各台計数システム」の誕生により、遊びやすさは飛躍的に高まりました。

 しかし当然ながら、全てのホールが導入しているわけではありません。そんなホールでありがちなのが「呼び出しても店員が来ない」というケースです。

 次々に玉が払い出される確変中の大当たり時などは、ドル箱を代えてくれる店員が来ないと本当に焦りますよね。

パチンコ「不快な仕打ち」頂点は? ユーザーによって選ばれた「こんなホールは嫌だ」特集のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコパチンコ店の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!