NEW

政府「知らん顔?」パチンコ店を追い込む販売方法…… 「大量購入」「セット販売」ホールの足元みる販売業者「強気の営業」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
政府「知らん顔?」パチンコ店を追い込む販売方法...... 「大量購入」「セット販売」ホールの足元みる販売業者「強気の営業」の画像1

 毎月、100機種以上もの新台が導入されるパチンコホール。同じ機種でも、導入日当日に大規模な入れ替えを行う、時期を少しずらして少台数を導入するなど、ホールによって違いはさまざまである。

そんな導入日の違いに疑問を感じたことはないだろうか。もちろん、「都道府県ごとのルール」、「ホールの規模や資金力」によって異なってくるが……。

 ホールの「購入方法」がその差を明確にしていることは確かだ。以前から業界で横行している「抱き合わせ販売」「優先販売」である。

 そもそも「抱き合わせ販売」とは、本命機種と同時に2番手機種をセットで販売する商法の1つ。例えば、『ジャグラー』といった定番機種を最速で導入したい場合、人気が見込めない機種との同時購入を条件にすることだ。

 また、このような商法はパチンコに限らず、さまざま業界で行われている。とあるアイドルはCDと写真をセットに販売、某ゲーム販売会社は人気ソフトの品薄を利用して、他ソフトと抱き合わせて販売するなど、決して珍しいケースではないが……。

 パチンコ業界、特にパチンコホールは「抱き合わせ商法」に頭を深く悩ませているようだ。

「本命機種だけではなく、必要としていない機種も購入せざるを得ないですからね。CDやゲームとは違い、パチンコ・パチスロ1台の購入価格は30~50万円。20台を一度に購入するとなれば、最低でも600万円の費用が必要になってきます。ホールの負担は大きいです。

それに加え、購入台数を販売条件にする『優先販売』もあるようですね。『○○台以上購入したら導入日に設置できます』と条件を付けるんだとか。時期をずらして購入すれば済む話ですが……」(記者)

 出玉や広告宣伝に規制がある今、パチンコ店にとって「新台入れ替え」は集客を図る重要なイベント。ホールによっては最速での導入が厳しくなるこの販売方法は、経営を追い込む原因の1つだろう。早急に改善を図るべきだが……。

政府「知らん顔?」パチンコ店を追い込む販売方法…… 「大量購入」「セット販売」ホールの足元みる販売業者「強気の営業」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!