NEW

スポーツ選手「パワハラ」騒動は伊調馨だけではない…… 「威圧行為」「生徒に暴力」スポーツ界の”圧力”事情

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポーツ選手「パワハラ」騒動は伊調馨だけではない...... 「威圧行為」「生徒に暴力」スポーツ界の圧力事情の画像1

 レスリングの伊調馨選手が「週刊文春」(文藝春秋)内で告発した、全日本レスリングヘッドコーチ栄和人強化本部長の「パワハラ」報道が現在大きな波紋を呼んでいます。

 合宿の参加が禁止、練習拠点の出入り禁止といった栄氏ら指導者による陰湿なパワハラ疑惑が綴られており、多くのマスコミが事実確認に奔走しております。

 そんなスポーツ選手にまつわる「パワハラ」は、この他にも多く存在しています。「暴言」「威圧」などその種類はさまざまです。

 そこで今回は、「スポーツ」の世界で起きた「パワハラ騒動」を取り上げたいと思います。

【柔道】日本女子トップ15人が告発

 2013年、ロンドン五輪の柔道に出場した国内女子トップ選手15人が、五輪強化合宿などで園田隆二監督やコーチによる「パワハラ」があったことを、日本オリンピック委員会に提出。トップ選手の異例の告発が大きな話題を呼びました。

 園田監督は2008年から全日本女子の監督に就任。ロンドン五輪の際は、「現在の女子代表は歴史の中で一番強い」と自信を伺わせていました。

 しかし、メダル獲得数は過去最低の3個のみ。さらに、日本女子が最強を誇っていた48kg級と52kg級ではメダルすら獲得できなかったのです。

「パワハラ」は2010年から行われていたようです。五輪での結果に直結したかは分かりませんが、少なくとも女子選手の精神的ダメージは大きかったでしょう。

【水泳】五輪コーチが生徒に暴力……

 今年1月、元五輪代表コーチ・野本敏明氏が指導するスイミングスクールで、高校性の男子生徒に暴力を振るったことが明らかになりました。

 男子生徒は野本氏から練習態度を注意された際に、膝蹴りや鼻をつまむなどの暴行を受け、その件で警察に被害届を提出。野本氏は暴行罪で罰金10万円の略式命令を受けたようです。

 そんな野本氏はかつて、元水泳千葉すず選手が「五輪選考資格」 に関する内部告発をした際、擁護した過去があるようです。

スポーツ選手「パワハラ」騒動は伊調馨だけではない…… 「威圧行為」「生徒に暴力」スポーツ界の”圧力”事情のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!