NEW

武幸四郎、田中博康など新人調教師7名を徹底解剖。管理馬、馬主、デビュー週の勝負馬は?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武幸四郎、田中博康など新人調教師7名を徹底解剖。管理馬、馬主、デビュー週の勝負馬は?の画像1

 今週から競馬は新年度といわれる3月がスタート。2月末で引退した調教師に入れかわる形で、今週から新人調教師がデビューする。3月から開業する新人調教師は7名。美浦は

田中博康

・林徹

・和田勇介

 の3名で、栗東は

・高柳大輔

武幸四郎

・武英智

・安田翔伍

の4名となっている。

 今年は年齢も若い元騎手が3名いるが、それだけでなく全員が30代という異例の若さ。おそらく調教師の平均年齢を大幅に低下させたことだろう。今回はこの7名の調教師の経歴や人脈、そしてデビュー週となる今週の出走馬についてまとめてみた。

 まず注目は栗東の武幸四郎調教師だ。父が武邦彦元調教師で兄は武豊騎手。平成9年に騎手デビューし、初勝利が騎乗2日目の重賞マイラーズカップという離れ業をやってのけた。騎手として687勝の成績は、調教師としてデビューする元騎手3名の中ではトップの実績。預託馬主は京都馬主の重鎮である前田晋二氏、モハメド殿下、新興クラブ馬主のDMMドリームクラブ。さらに社台グループの社台レースホースなど意外に幅広い。特にキタサンブラックの全弟や引退を撤回したというヒットザターゲットが管理馬にいるのは興味深い。このヒットザターゲットは「重賞レースなら10着でも1着本賞金の2%の賞金が出るから」との理由から厩舎経営のために転厩したとの話もあるが、真意はどうだろうか。デビュー週の今週は3頭が出走。土曜阪神1レースには兄の武豊が騎乗するグアンを送り出す。グアンは池江泰寿厩舎からの転厩馬で、馬主は武豊信者が代表のキーファーズ。土曜8レースに出走するフォレストタウンは2月末で解散した福島信晴厩舎の馬でルメールが騎乗。日曜は中山4レースの障害戦にミヤジタイガが出走するが、これも2月末で解散した岩元市三厩舎からの転厩馬。この中山遠征は関係者への顔見世と思われるが、ミヤジタイガは実力的に1~2番人気が予想され、厩舎の初勝利もあるかもしれない。

武幸四郎、田中博康など新人調教師7名を徹底解剖。管理馬、馬主、デビュー週の勝負馬は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!