NEW

パチンコ「出玉規制」に敗れたメーカーの数々......「負債50憶円」「事業撤退」なかには復帰と遂げた会社も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「出玉規制」に敗れたメーカーの数々......「負債50憶円」「事業撤退」なかには復帰と遂げた会社もの画像1



 度重なる規制により、パチンコホールの倒産が目立つ昨今。 パチスロは「5.5号機」から「5.9号機」へ、そして今年2月から開始の「6号機」と段階を踏んだ出玉規制が行われています。射幸性は下がる一方で、ホールへ足を運ぶユーザーは減少し続けているでしょう。店舗数が減るのも無理はありません。

 ただ、このような影響を受けているのはメーカーも同じです。人気機種を輩出してきたメーカーでさえ、規制に抗うことは難しいのです。ヒット作を生み出すのは簡単ではありません。

 そこで今回は、惜しまれながらもパチンコ業界を"撤退"した「パチンコメーカー」を今一度振り返りたいと思います。

パチスロでも人気を博したゲームメーカー

 ゲーム『メタルスラッグ』『THE KING OF FIGHTERS』などで知られるSNKプレイモア(現、SNK)は、2004年からパチスロ事業を開始しました。

 自社のゲーム版権を自由に使えるメリットを生かし、ヒット作を量産。またゲーム版権の他に、『スカイラブ』『シスタークエスト』シリーズなどのオリジナル機種も作り上げ、多くのファンを抱える人気パチスロメーカーへとなったのです。

 しかし、別れは当然やってきました。

 2015年、「5.5号機」が開始される直前にパチスロ事業の撤退を発表。同年は『パチスロコブラ』『ビーストバスターズ』などが導入されるも結果は振るわず、なにより将来の規制を危惧し撤退を決めたようです。

 その後、パチスロ版権はライセンス事業に活用。昨年には、ハイライツ・エンタテインメントから『シスタークエスト~時の魔術師と悠久の姉妹~』が登場しました。メーカーが変わったといえ、人気コンテンツの続編機に歓喜したファンは多かったですね。

事業撤退も後に......

 カジノマシンを手掛ける「アリストクラートレジャー」の日本法人として2001年、 「アリストクラートテクノロジーズ」 がパチンコ業界に参入しました。

 4号機では『巨人の星』シリーズで人気を博し、5号機となってもその勢いは衰えませんでした。また、今では当たり前となったパチスロのシステム「上乗せ特化ゾーン」を業界で初めて搭載したメーカーでもあるんです。(機種は『皆伝丸 朝姫奪還編』)

 しかし2015年4月、SNKプレイモアと同じく先行きの不安から事業撤退を表明。ファンからは「絶対衝撃はもう打てないのか」「巨人の星好きだったのに......」と惜しむ声が絶えなかったが......。

パチンコ「出玉規制」に敗れたメーカーの数々......「負債50憶円」「事業撤退」なかには復帰と遂げた会社ものページです。GJは、パチンコ・パチスロ、SNKパチスロ倒産の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!