NEW

【オーシャンS(G3)展望】春のスプリント王決定戦へ向けての大一番!? 中心馬不在の混戦模様の激戦を制するのは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【オーシャンS(G3)展望】春のスプリント王決定戦へ向けての大一番!? 中心馬不在の混戦模様の激戦を制するのは?の画像1

 3日(土)の中山競馬場のメインレースはオーシャンS(G3)。先週の阪急杯(G3)では7番人気のダイアナヘイローが勝利したように、現在のスプリント戦線はどの馬が勝っても全くおかしくない状態だ。今週は更なる大混戦が予想されるレースだが、注目馬を紹介する。

 昨年のこのレースで2着の成績があるナックビーナス(牝5、美浦・杉浦厩舎)だが、今年こそ結果を残したいところ。ここまで重賞勝ちこそないもののOP特別のレースでは4勝を上げており、スプリンターとして有力なのは間違いない。前走のシルクロードS(G3)では、スタートを決めて好位でレースの流れに上手く乗っていたが、直線での伸びを欠いて5着。今回の舞台となる中山芝1200m戦は5戦して2着以下になったことが1度も無いベストの条件で、今度こそ重賞制覇を狙う。実績面では見劣りするが、本番への出走のためには最低でも賞金加算をしておきたい状況となる。万全の状態で挑んでくる可能性が高く逆転は十分可能なはずだ。

 レーヌミノル(牝4、栗東・本田厩舎)は久しぶりのスプリント戦となるが、どのような走りを見せることができるだろうか。ハイレベルと言われ続けた昨年牝馬クラシックの桜花賞(G1)勝利やマイルCS(G1)4着。マイル戦での実績も十分なものを持っているが、より適性が高いのはスプリント戦のはず。実際に新馬戦、小倉2歳S(G3)では危なげない勝利を収めており、特に小倉2歳S(G3)は2着馬に6馬身差を着けての圧勝劇。桜花賞(G1)での勝利以降は苦戦が続いているが、久々の1200mで変わり身が期待できるレースとなりそう。約1年半ぶりの1200m戦となるだけにペースの違いについていけるかの不安もあるが、持っている能力では抜けた存在となるだけに注目したい。

 このところ勝利からは遠ざかっているが、リエノテソーロ(牝4、美浦・武井厩舎)も久しぶりのスプリント戦で見直したい1頭だ。2歳時には4連勝で全日本優駿(G1)を快勝、3歳時のNHKマイルC(G1)では人気薄の存在だったが最後の直線で怒涛の追い込みを見せ2着の結果を残している。ダート、芝をこなすことができる走りが評価され、その後は人気を集めたものの、期待を裏切る結果が続いてしまった。それでも前走のターコイズS(G3)では、追い込み勢に飲み込まれての6着だったものの最後まで先頭を争ういいレースができていた。混戦必至のスプリント戦線で昨年のように波乱をもたらすことはできるだろうか。

【オーシャンS(G3)展望】春のスプリント王決定戦へ向けての大一番!? 中心馬不在の混戦模様の激戦を制するのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!