NEW

武豊ジャンダルムは「第2」のエアスピネル!? 完敗の弥生賞で天才騎手の「普通ならトップレベル」発言に思い出される2年前の「不思議な感覚」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊ジャンダルムは「第2」のエアスピネル!? 完敗の弥生賞で天才騎手の「普通ならトップレベル」発言に思い出される2年前の「不思議な感覚」の画像1

 4日に行われた皐月賞トライアル弥生賞(G2)は、世代を牽引する素質馬が集まったこともあり例年以上の注目を浴びた一戦となったが、終わってみれば2歳王者ダノンプレミアムが改めて「1強」を見せつける結果となった。

 昨年の最優秀2歳牡馬ダノンプレミアムを筆頭に、東京スポーツ杯2歳S(G3)の覇者ワグネリアン、12月のシクラメン賞(500万下)で高次元のパフォーマンスを披露したオブセッションといった無敗馬に加え、暮れのホープフルS(G1)で2着したジャンダルムを加えた「4強」が集った今年の弥生賞。

 最終的に10頭立てとなったレースは、ホープフルSで4着に粘ったサンリヴァルが隊列を引っ張る展開。好スタートを決めたダノンプレミアムが2番手、ジャンダルムとワグネリアンも4、5番手を形成と少し早めの競馬となった。オブセッションは中団より後方から脚を溜めている。

 1000m通過は61.5秒というトライアルらしいスローペースだった。残り800mを切ったところで、ダノンプレミアムが抑え切れんばかりの勢いで先頭のサンリヴァルに並び掛ける。その動きを受けて各馬が進出を開始すると、一気に馬群が凝縮された。

 ダノンプレミアムが荒れた内側の馬場を嫌って外を回ったこともあり、サンリヴァルが先頭のまま最後の直線へ。しかし、ダノンプレミアムがそれを楽々交わして先頭へ。サンリヴァルやジャンダルムが必死に食い下がるが、一向に差が縮まる気配はない。

 結局、ダノンプレミアムは一発のムチを受けることもなく先頭のまま押し切り。最後にワグネリアンが外から追い込んで2着、ジャンダルムがサンリヴァルをギリギリ交わして優先出走権を確保したところがゴールだった。

「今年の初戦を無事に終えることが出来ました」

武豊ジャンダルムは「第2」のエアスピネル!? 完敗の弥生賞で天才騎手の「普通ならトップレベル」発言に思い出される2年前の「不思議な感覚」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!