NEW

パチスロ『バジリスク絆』『ゴッド凱旋』不要!? 崩壊ムード漂う業界に見える「変化」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ『バジリスク絆』『ゴッド凱旋』不要!? 崩壊ムード漂う業界に見える「変化」とはの画像1

 年末に集中することが多いパチンコ店の「グランドオープン」。

 新たに営業を始めるグランドオープンは、店側にとって「その地域に根付く」という重要な目的を有している。常連客を得るために、過剰なサービスを行うことも珍しくない。「高設定を用意する」など、多少無理をしてでも「勝ちやすい状況」を提供する傾向だ。

 しかし昨年は、そんなグランドオープンに関する情報が例年より明らかに少なかった印象である。

 その理由として、高い稼働が見込める「旧基準機」を揃えるのが困難であったことが挙げられるだろう。

 前倒し認定を申請すれば、2020年まで「認定機」としての設置が可能だが「中古機として売買できない」「同一都道府県内の同一名義人のチェーン店以外、移動させることはできない」という”デメリット”も存在している。

 その点が「グランドオープン減少」に大きな影響を与えているようだ。

「旧基準機を残すための『前倒し認定』の影響は大きいですね。認定を通すと同一県内同一法人でしか台の移動はできません。つまりグループ内だとしても、他県でのオープンであれば旧基準機を移動させられないということです。

同県であれば回すことはできますが、旧基準機を外せるような余裕があるホールは少ないでしょう。大手企業であっても厳しいと考えれば、グランドオープンが減るのは当然ですね」(業界関係者)

 パチスロ5.9号機が苦戦を強いられている状況。本来であれば稼働が見込める新台に期待ができないとなれば、旧基準機に頼る営業を行うのは自然だろう。

 ただ「そのような手法」に頼らず、集客を安定させているホールも存在しているという。

パチスロ『バジリスク絆』『ゴッド凱旋』不要!? 崩壊ムード漂う業界に見える「変化」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!