NEW

JRA藤田菜七子「超絶斜行」で騎乗停止……御しきれないのは疲れから?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA藤田菜七子「超絶斜行」で騎乗停止......御しきれないのは疲れから?の画像1

 3日、小倉競馬場で行われた4歳上500万下(芝1200m)で、藤田菜七子騎手が騎乗したグリニッチヴィレジが斜行。スターストリームの進路が狭くなったとして、10日から18日まで9日間(開催4日間)の騎乗停止処分を受けた。

 レースでは7番人気に支持されていた菜七子騎手騎乗のグリニッチヴィレジ。先頭集団後方につけて機をうかがっていたが、4コーナーを周って直線に入ると馬が苦しくなったのか外側に大きく斜行。結果的に走行を妨害されたスターストリームは大きく失速して12着。グリニッチヴィレジは5着で入線を果たしたが、なんとも後味の悪いレースとなった。

 またJRAの裁定ではスターストリーム1頭に不利があったと発表されているが、ウチから大外へ大きく横断するように移動しているため、一部からは他馬にも影響があったことを懸念する声もあがっている。

「菜七子騎手は今年、コーナリングに難はあれども、馬に負担をかけない騎乗が関係者たちから評価されていました。最近では社台グループが所有する馬への騎乗の話もあるなど、JRA唯一の女性騎手として波に乗ってきた印象も強かったです。しかし、今回は馬を制御出来なかったように見えます。斜行は落馬事故に発展する可能性もありますから、今後より気をつけねばならないですね」(競馬誌ライター)

JRA藤田菜七子「超絶斜行」で騎乗停止……御しきれないのは疲れから?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!