NEW

パチスロ出玉規制に伴う「Aタイプ」進化……2017年「主役メーカー」の「革命」機種が話題騒然!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ出玉規制に伴う「Aタイプ」進化......2017年「主役メーカー」の「革命」機種が話題騒然!の画像1SANYO HP」より

 規制強化に伴い、様々な動きが見られるパチンコ関連業界。目立つのは、パチスロ分野における「ノーマルタイプ」多様化を進める流れだ。

 ボーナスでコインを増やすノーマルタイプが、5号機時代を支えてきた存在であることは間違いない。適度な技術介入要素や設定推測要素の豊富さを併せ持つ『HANABI』(アクロス)のように、長期稼働を実現している台も存在する。

 パチスロ5.9号機における「ARTスペック」への需要が低下している状況に、実績のある「堅実なゲーム性」に注目が集まるのは自然なのかもしれない。

 ノーマルタイプ開発へ力を入れるメーカーは確実に増えている印象だ。「常識を打破しようとする挑戦」が大きな話題になっている。

 その代表が「5号機Aタイプ史上最後の大革命」と銘打たれた『ルパン三世不二子Type-A+』(平和)だ。

 最大の特徴は「獲得枚数超変動タイプ」のBBだろう。「簡単な技術介入」を成功させることによって、獲得枚数を「激変」させることが可能。1回のBBで「400枚」以上の出玉獲得が期待できる。

「誰でも獲得枚数を激変できる」という仕様は、幅広い層から支持を得るための「挑戦」と呼べるだろう。導入前より注目されるのも当然だが……。

 2017年パチスロ分野で”快進撃”を見せた「あのメーカー」も負けてはいない。「Aタイプに革新を」と宣言する新機種が熱視線を浴びている。

パチスロ出玉規制に伴う「Aタイプ」進化……2017年「主役メーカー」の「革命」機種が話題騒然!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!