NEW

パチスロ「6号機」ノーマル機の未来は明るい!? 獲得枚数「大幅低下」も窮地を救う1つの「成功例」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「6号機」ノーマル機の未来は明るい!? 獲得枚数「大幅低下」も窮地を救う1つの「成功例」の画像1

 今年2月から施行されたパチスロの新規則「6号機」。発表当初はより強化された出玉規制に悲観的な声が相次いだが、1月末に発表された「AT機解禁」などの「自主規制の緩和」は業界にとって希望の光となっただろう。

 しかし、特定のスペックにはおいては、何一つ変わらない厳しい状況である。それが、ボーナスをメインに出玉を増やす「ノーマル機」だ。

 ボーナス獲得枚数の上限は大幅に引き下げられ、5号機の最大獲得枚数「465枚」が、6号機では「285枚」が上限となったのである。つまり、約300枚のメダルが獲得できる現行機『ジャグラー』『ハナハナ』ですらも、6号機では導入することができなくなってしまうのだ。

 ほとんどのパチンコ店に導入され、多くのユーザーから愛され続ける『ジャグラー』『ハナハナ』シリーズ。ホールのみならず、ユーザーにとっても『6号機』の規制内容を重く感じているはずだ。

 またボーナス獲得枚数に関しては自主規制と異なり、『6号機』が続く限り変更されることはない。新たな上限枚数の範囲内で機種開発を行わなければならないのだ。ノーマル機をメインにするメーカーにとっては致命的だが……。

 6号機のノーマルタイプに対して、前向きな意見があることも事実だ。現在も稼働するあの機種の「成功例」が1つの根拠である。

パチスロ「6号機」ノーマル機の未来は明るい!? 獲得枚数「大幅低下」も窮地を救う1つの「成功例」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!