NEW

JRA石橋脩騎手と「敏腕調教師」が関係決裂!? 蜜月関係から”挨拶拒否”へ……女王ラッキーライラックの桜花賞(G1)へ影響は

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA石橋脩騎手と「敏腕調教師」が関係決裂!? 蜜月関係から挨拶拒否へ......女王ラッキーライラックの桜花賞(G1)へ影響はの画像1

 3日に行われたチューリップ賞(G2)をラッキーライラックで楽勝し、いよいよ「我が世の春を謳歌する」といった感が出てきた石橋脩騎手。

 昨年、約5年ぶりとなるG1制覇を果たし、今年もリーディング上位に名を連ねるなど、騎手として充実したシーズンを送っているようだが、その一方である「敏腕調教師」と決裂したという情報が舞い込んできた。

 すでに複数のG1タイトルを獲得しているその調教師は、以前から石橋騎手を積極的に起用。今年も大きなレースで人気になる様な馬を任せており、両者の関係は「蜜月」と述べても差し支えなかった。

 しかしここに来て、どうやら両者に関係に大きな亀裂が走ってしまったようだ。美浦トレセンに出入りする関係者の話では、すでに挨拶さえ交わされていない状況とか。石橋騎手がずっと行ってきた厩舎の調教や追い切りのサポートも「このまま解消されるのではないか」とウワサされている。一体、何があったのだろうか……。

「どうやら石橋騎手本人と、その調教師の衝突というよりは、エージェント絡みの関係悪化のようです。

そのエージェントは騎乗馬の仲介だけでなく、厩舎マネージャーも手掛ける腕利き。ただ、複数の厩舎のマネージャーを担当しているだけでなく、管理馬のローテーションや調教方法にも口を挟むようになってきているようで、スタッフ間の評判はあまり良くないとか……。

それで厩舎とエージェントの間に摩擦が起こり、その結果、石橋騎手とその調教師との関係も悪化してしまったようです」(現場関係者)

JRA石橋脩騎手と「敏腕調教師」が関係決裂!? 蜜月関係から”挨拶拒否”へ……女王ラッキーライラックの桜花賞(G1)へ影響はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!