NEW

武豊クリンチャーに「凱旋門賞」挑戦浮上! 阪神大賞典→天皇賞・春からの遠征計画に「諦めきれない」藤岡佑介騎手が”懇願”した内容とは

【この記事のキーワード】

, ,


「どうやら、まだ諦め切れないようで『せめて調教だけでも乗らせてください』と懇願しているようです……。藤岡騎手からすれば、レースでは結果が出ていただけに、納得いかない気持ちは理解できます。

実はキズナが凱旋門賞に挑戦した2013年、藤岡騎手はフランスに長期滞在していた関係で、現地で同じく日本から遠征したオルフェーヴルとキズナの両頭の追い切りに携わっていた経験があります。もしも藤岡騎手の懇願が認められて、クリンチャーが凱旋門賞挑戦となれば、場合によっては『チームキズナ』復活ということになりますね。

ただ、例え調教に携われてもオーナーとの”すれ違い”が絡んでの降板だけに、主戦に復帰できるかどうかは難しいところですね」(同)

これまでJRAの重賞を26勝しながら、まだG1には縁がない藤岡騎手だけに、クリンチャーという有望株への思いもひとしおだろう。だが、順調に行けば天皇賞・春の後には、秋の凱旋門賞挑戦が控えているだけに、”元”主戦騎手にチャンスが生まれるのは当分先の話になるのかもしれない。

武豊クリンチャーに「凱旋門賞」挑戦浮上! 阪神大賞典→天皇賞・春からの遠征計画に「諦めきれない」藤岡佑介騎手が”懇願”した内容とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!