NEW

JRA元騎手・『藤田伸二TV』放送熱望!? 現役騎手を一刀両断「言いたい放題」実現は、あの「テレビ局」が最有力?

【この記事のキーワード】, ,

仮に現役を引退しても、多くの人が競馬界に携わった仕事を希望しており、現役の関係者と同じく、公の場で包み隠さず”本音”を言える機会はほぼないですからね。そうなると必然的に藤田さんのような、ファンの声を代弁する”ご意見番”の数は限られます。

代表的なのはJRAで1111勝を上げた安藤勝己氏ですが、レースに対するツイートは毎回のように大きな反響を呼んでいますね。ただ、それでも安藤氏は競馬関係の仕事も多く、発言もオブラートに包んだものが多い。その点、いい意味でJRA(日本中央競馬会)と距離感のある藤田さんなら、もっと踏み込んだ発言が期待できると思います」(競馬ライター)

 もし実現すれば大きな注目を集めることは間違いないが、「テレビ番組」となると現実的にどのような形式で放送するのかが重要になってくる。

 例えば、藤田氏も例に挙げていた『武豊TV』は、フジテレビ系列の有料チャンネルなどで視聴が可能。ただし、フジテレビは毎週の競馬中継を担当している他、今週末に行われるスプリングS(G2)が「フジテレビ賞」であることなど、競馬界の一切を取り仕切るJRAと密接な関係がある。

 そのため『武豊TV』でも武豊騎手が現役であることも含め、他の競馬関係者を直接批判するような発言はほぼ見当たらない。これでも十分に魅力的な番組だが、ファンの気持ちを代弁した率直な発言が支持を集める藤田氏が目指すところとは若干”色”が異なりそうだ。それをJRAの息が掛かったフジテレビで実現するのは難しいだろう。

 他にもYouTubeで独自のチャンネルを持つという方法もある。つまり「YouTuber藤田伸二」となるわけだ。これなら自由度が高いが、解説するレース映像を個人レベルでどうやって拝借するかが大きな問題になる。

「藤田さんは引退した際、直筆メッセージを掲載したように競馬誌の『UMAJIN(ウマジン)』との関係が深いことで知られています。もしかしたら運営会社から映像関係に関する何らかの支援を受けられるかもしれませんね。

ただ、『藤田伸二TV』を支持するファンから圧倒的に多かったのが『AbemaTV』で放送してはどうか、という意見でしたね。簡単な話ではないかもしれませんが、可能性としては面白いと思います。何よりも無料で見られるのはファンとしてありがたいですし」(同)

JRA元騎手・『藤田伸二TV』放送熱望!? 現役騎手を一刀両断「言いたい放題」実現は、あの「テレビ局」が最有力?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  4. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  5. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  6. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  7. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  8. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」