NEW

JRA池添謙一大ショック!? ロックディスタウン前哨戦勝っても「桜花賞回避」可能性浮上

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA池添謙一大ショック!? ロックディスタウン前哨戦勝っても「桜花賞回避」可能性浮上の画像2

 ロックディスタウンはマイルの阪神JFで惨敗したことで、この距離への適性を疑問視されています。また、前走で騎乗したC.ルメール騎手は敗因のひとつとして”関西への長距離輸送”もあげていました。そのため、輸送が必要な”関西”での”マイル戦”にはあまり積極的に参戦する気はないのでは? それよりも2戦目の東京競馬場で行われるオークスに全力をつぎ込みたいと考えてもおかしくはないです。

 そしてロックディスタウンはサンデーレーシングの所有馬です。すでにサンデーレーシングではラッキーライラック、リリーノーブルが桜花賞へ向かうことが既定路線。この2頭は桜花賞と同じ舞台で行われるチューリップ賞(G2)でそれぞれ1着と3着に入線するという結果を残していますからね。ロックディスタウンも桜花賞を見据えていたのならば、フラワーCではなくチューリップ賞に出走する道もあったはず。

 今後、ロックディスタウンの鞍上を任されるだろう池添謙一騎手は昨年、桜花賞をレーヌミノルで制しています。今年は連覇の期待もかけられていたので、もし回避するのならば無念ではあるでしょうね」(競馬誌ライター)

 ロックディスタウンが桜花賞を回避するには十分な理由があるということか。

 桜の名が冠された大舞台にロックディスタウンの姿はあるのだろうか? まずはフラワーCの結果を待ちたい。

JRA池添謙一大ショック!? ロックディスタウン前哨戦勝っても「桜花賞回避」可能性浮上のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!