NEW

武豊クリンチャー「完敗」で非難轟々!? 単勝1.9倍も、折り合いを欠いての敗戦に「藤岡佑介騎手なら……」の声続々

【この記事のキーワード】

, ,

武豊クリンチャー「完敗」で非難轟々!? 単勝1.9倍も、折り合いを欠いての敗戦に「藤岡佑介騎手なら......」の声続々の画像4

「こういった非情にも見える乗り替わりは、昨今の競馬界では珍しくもなくなりましたが、その分、乗り替わって結果を残せなかった時の反響も大きいですね。乗り替わりを告げられた騎手も大変ですが、乗り替わる騎手の方はそれ以上に大変なのかもしれません。

ただ、武豊騎手は誰よりもそういった立場を経験している存在。これまでも数々の批判の声を跳ねのけて結果を残してきているだけに、次は巻き返してくれるのではないでしょうか。アンカツさん(安藤勝己氏)も『これで手の内に入れたでしょう』とおっしゃられていましたよ」(同)

 確かに、昨年末まで競馬界を席巻したキタサンブラックの乗り替わりも、初戦となった大阪杯は敗戦。当初は武豊騎手に対する否定的な見解もあったが、次走の天皇賞・春できっちりと巻き返すなど「結果」を残して、乗り替わりが間違いでなかったことを証明している。

 また、クリンチャーのオーナー前田幸治氏との絡みでは、2013年のダービー馬キズナもコンビ結成当初は手探りのまま連敗を重ねたが、その後は日本ダービー(G1)を含む4連勝を上げ、凱旋門賞でも4着に善戦するなど結果を残した。

 今回のレース後も、最後には「次走で巻き返したい」と前を向いた武豊騎手。現役でありながら「レジェンド」と称される数々の前人未到の大記録の裏には、そういった弱肉強食の世界で打ち勝ってきた経験がある。

 果たして、武豊騎手は次走の天皇賞・春で驚異的な巻き返しを見せてくれるのだろうか。その先には、秋のロンシャン競馬場が待っているはずだ。

武豊クリンチャー「完敗」で非難轟々!? 単勝1.9倍も、折り合いを欠いての敗戦に「藤岡佑介騎手なら……」の声続々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!