NEW

武豊ダンスディレクター高松宮記念「悲願の出走」! 陣営気合十分で残る不安は「エアスピネル臭」!?

【この記事のキーワード】, ,
武豊ダンスディレクター高松宮記念「悲願の出走」! 陣営気合十分で残る不安は「エアスピネル臭」!?の画像1

 ついに「この舞台」にたどり着いた。25日に開催されるスプリント王決定戦・高松宮記念(G1)に、ここ2年”優勝候補”といわれた1頭の素質馬が「初出走」を果たす。

 それが、2016年、2017年のシルクロードS覇者ダンスディレクター(牡8、栗東・笹田和秀厩舎)だ。重要な前哨戦を連覇し、スプリント界では確かな存在感を示してきたが、とにかく「運」のない馬だった。

 2016年の勝利後、さあ高松宮記念となった直後に左前脚の筋肉痛を発症し回避。2017年は武豊騎手を背に見事連覇を達成するも、その後左第1指骨剥離骨折を発症し休養。ダンスディレクターと高松宮記念はとにかく「縁」がなかった。

 しかし、今年はある意味「鬼門」となってしまったシルクロードSは回避し、3カ月近い休養を挟んでのぶっつけ参戦。休養明けというのはやや気になるところだが「今度こそ」という陣営の思いは強いに違いない。

「現在のスプリント王として圧倒的実績を持つレッドファルクスが昨年休養明けの3着ということで、ぶっつけ参戦はさほどいいとは言えないかもしれません。ただ、ようやくたどり着いた舞台であり、陣営の気合いも相当なものでしょう。

同馬は昨年のスプリンターズS(G1)に参戦し8着、一昨年は15着と今一歩の成績で『G1でどうか』という意見もありますが、関西圏(中京含む)での通算成績は『7・7・2・5』で掲示板を外したのも2回のみと大崩れしません。長距離輸送がない今回こそ狙いたい1頭ですね」(現場記者)

武豊ダンスディレクター高松宮記念「悲願の出走」! 陣営気合十分で残る不安は「エアスピネル臭」!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!