NEW

パチンコ大手ユニバーサル「復活」へ黄信号……最新作『ミリオンゴッド』鍵を握るは「修正テープ」!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ大手ユニバーサル「復活」へ黄信号......最新作『ミリオンゴッド』鍵を握るは「修正テープ」!?の画像1

 パチスロ新基準時代を迎え、苦戦を強いられているユニバーサルエンターテインメント(以下、ユニバーサル)。

 ヒットが期待された『バジリスク~甲賀忍法帖~III』や『アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-』も酷評を受けるなど、かつての勢いが感じられないのは明らかだ。

 しかし、一部からは巻き返しを予想する声も上がっている。

 同社の看板機種『ミリオンゴッド』最新作が5月に降臨。パチンコ新機種『CRミリオンゴッド ディセント』(メーシー)が熱視線を浴びている状況だ。パチンコ分野において、快進撃を見せる可能性を指摘する人間は多い。

 そんな注目の最新機種は、2015年に登場した『CRミリオンゴッドライジング』以来となるシリーズ3作目。スペックは大当り確率1/319.6、確変突入率65%の確変ループタイプとなっている。

 気になるのは、これまでのシリーズに対し「ゴッドの良さを再現できていない」との意見が上がっていたように、出玉感ではあるが……。

 右打ち中は約2400個獲得できる16R大当たりの割合が「70%」もあるなど破壊力は高い。『ゴッド』ならではの出玉感を見事に再現したという印象だ。パチンコ分野での巻き返しは十分にあり得るとも思えるが……。

「確かに初当たり16R確変からの出玉性能は、昨年デビューした『CRアナザーゴッドハーデス アドベント』を超えたと自信を覗かせています。出玉に関しては『ゴッド』ファンも納得するかもしれません。

しかし、スペック面を敬遠する声は多いです。大当たりの振り分けは、かなり厳しくなっていますから……。電サポが100回つくことも、ほぼないですしね。現段階では悪い反応の方が目立ちます」(パチンコライター)

 出玉感に期待はできるものの、重要なスペック面に批判的な意見が目立っているようだ。

 その時点で苦戦は必至とも思えるが……。さらなる不安要素が浮上しているという。

パチンコ大手ユニバーサル「復活」へ黄信号……最新作『ミリオンゴッド』鍵を握るは「修正テープ」!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!