NEW

パチンコ「2017年代表機種」決定も”順位結果”に疑問の声多数…… 稼働・導入数「全て劣る」あの”コンテンツ機”がまさかのランクイン

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「2017年代表機種」決定も順位結果に疑問の声多数...... 稼働・導入数「全て劣る」あのコンテンツ機がまさかのランクインの画像1

 今年2月から投票がスタートした「ファンが選ぶパチンコ&パチスロ大賞 2017」。ユーザーの投票により、昨年に導入・設置されたパチンコ・パチスロ機から、「年間を代表する機種」が選出される。その投票結果が今月20日に発表された。

 パチンコ部門では、『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』(SANKYO)が堂々の大賞に選ばれた。当初導入台数は少なかったものの、多くのファンを獲得し快進撃を続けた本機。先月には増産された新パネルが販売されるなど、人気の高さが伺える。

 一方、パチスロ部門では業界を代表する人気コンテンツ『押忍!番長3』(大都技研)が大賞に選出。新基準機「5.5号機」では厳しいと言われていた出玉率「119%」を実現。また、従来のゲーム性が一新された点も好評のようだ。現在もなお高稼働し続けるだけに、誰もが納得の結果といえるだろう。

 どちらもホールの人気機種が選ばれた「パチンコ&パチスロ大賞 2017」。ファンからは「大賞はこの2機種しかない」「この他にないね」と想像通りの受賞結果だったようだ。

 しかし、トップ3までにランクインした機種に対し、違和感を覚えるユーザーも多いようだ。それだけはなく、パチンコ・パチスロどちらも”同じコンテンツ”が名を連ねている。

パチンコ「2017年代表機種」決定も”順位結果”に疑問の声多数…… 稼働・導入数「全て劣る」あの”コンテンツ機”がまさかのランクインのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!