NEW

【大阪杯(G1)展望】「新王者」スワーヴリチャードVS「復権」サトノダイヤモンド!キタサンブラックに次ぐ「競馬界の主役」を決める戦いが開幕!


 王者キタサンブラックが去った以上「世代交代」を告げるべく始動した今年は、手始めに前哨戦の金鯱賞(G2)を制覇。道中で行きたがる面を見せていたものの、サトノダイヤモンドやヤマカツエースといった年上のG1実績馬を力でねじ伏せた。

 新王者戴冠へ、最大の課題は右回りコースに尽きる。昨年の皐月賞では2番人気ながら6着に敗れ、有馬記念では最後の直線で斜行して主戦のM.デムーロ騎手が騎乗停止の憂き目に遭った。ただ、能力自体は現役でも指折りの存在。課題の右回りでも本来の走りができるようなら大阪杯だけでなく、今年の古馬王道路線の中心を彩ることも可能なだけの大器だ。

 先輩の貫禄を見せつけられるか。かつてキタサンブラックの「最大のライバル」といわれたサトノダイヤモンド(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)がリベンジに燃えている。

【大阪杯(G1)展望】「新王者」スワーヴリチャードVS「復権」サトノダイヤモンド!キタサンブラックに次ぐ「競馬界の主役」を決める戦いが開幕!の画像3

 3歳ながら一昨年の有馬記念を制し、競馬界を牽引する存在として君臨したサトノダイヤモンドだったが、昨年は不本意なシーズンとなった。特に日本競馬の悲願を背負って遠征した凱旋門賞(仏G1)では15着大敗と散々な結果。欧州の重い馬場に対応できなかっただけでなく、陣営からはノド鳴りの症状まで発表された。

 注目の復帰戦となった前走の金鯱賞では、最後の直線で上がり最速の末脚を駆使したもののスワーヴリチャードの前に完敗の3着。順調度の差が明暗を分けた格好となったが、僚馬のサトノノブレスを捉え切れなかった内容には不安が残った。

 幸いノド鳴りの症状は現在、影を潜めている様子。中間では確かな前進傾向が見られるが、どこまで全盛の力を取り戻しているのかが、今回の最大のポイントとなる。主戦のC.ルメール騎手がドバイ遠征で不在のため、代役として手綱を執る戸崎圭太騎手の騎乗も小さくはない鍵になりそうだ。

【大阪杯(G1)展望】「新王者」スワーヴリチャードVS「復権」サトノダイヤモンド!キタサンブラックに次ぐ「競馬界の主役」を決める戦いが開幕!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  4. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  9. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  10. JRAイクイノックスは「10番目」の地雷!? C.ルメール泥沼29連敗から脱出も…ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊