NEW

高知競馬10年間で「売上10倍」の快挙! かつてハルウララ騎乗の武豊騎手が「悲惨」と憂いた競馬場が「時代の風」に乗る

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高知競馬10年間で「売上10倍」の快挙! かつてハルウララ騎乗の武豊騎手が「悲惨」と憂いた競馬場が「時代の風」に乗るの画像1

 27日、地方競馬の1つ高知競馬を運営する高知県競馬組合が組合会議を開き、高知競馬の昨年の売上が前年度から100億円以上増えて、360億円を超える見通しであることがわかった。地元の『高知新聞』が報じている。

 ここ数年、全国的に目覚ましい売上増を見せている地方競馬。中でも「夜さ恋ナイター」や「一発逆転ファイナルレース」といった企画が好評を得ている高知競馬の成長は凄まじいものがあり、一昨年には25年ぶりに過去最高売上を更新したばかり。それがさらに昨年になって100億円以上、つまりは約40%の売上増である。

 走っても走っても勝てない競走馬ハルウララがブームとなった際に注目された、一時の悲惨な運営状況が嘘のように、今や飛ぶ鳥を落とす勢いである高知競馬。一体、何があったのだろうか。

「高知競馬に限らず、全国的に言えることですが、インターネットで馬券を購入できるシステムが開発・整備されたことが非常に大きいと思います。ソフトバンクの系列会社が運営する『オッズパーク』が誕生したことで火が付き、今はJRA(日本中央競馬会)のインターネット馬券購入システムで地方競馬の馬券が買えるようになって、一気に業績を回復した競馬場が相次いでいる状況です。

特に高知競馬は『夜さ恋ナイター』と銘打って、通年でナイター競馬を開催していることが大きい。インターネットのおかげで立地的な不利が解消されただけでなく、夜に手軽に馬券が買えることがファンに受け入れられ、大きく売上を伸ばすに至りました」(競馬記者)

 2003年には88億円に上った負債を清算する引き換えに「これ以上、赤字が増えれば廃止」というところまで追い詰められた高知競馬。

高知競馬10年間で「売上10倍」の快挙! かつてハルウララ騎乗の武豊騎手が「悲惨」と憂いた競馬場が「時代の風」に乗るのページです。GJは、競馬、JRAハルウララ高知競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!