NEW

高知競馬10年間で「売上10倍」の快挙! かつてハルウララ騎乗の武豊騎手が「悲惨」と憂いた競馬場が「時代の風」に乗る

【この記事のキーワード】, ,
高知競馬10年間で「売上10倍」の快挙! かつてハルウララ騎乗の武豊騎手が「悲惨」と憂いた競馬場が「時代の風」に乗るの画像1

 27日、地方競馬の1つ高知競馬を運営する高知県競馬組合が組合会議を開き、高知競馬の昨年の売上が前年度から100億円以上増えて、360億円を超える見通しであることがわかった。地元の『高知新聞』が報じている。

 ここ数年、全国的に目覚ましい売上増を見せている地方競馬。中でも「夜さ恋ナイター」や「一発逆転ファイナルレース」といった企画が好評を得ている高知競馬の成長は凄まじいものがあり、一昨年には25年ぶりに過去最高売上を更新したばかり。それがさらに昨年になって100億円以上、つまりは約40%の売上増である。

 走っても走っても勝てない競走馬ハルウララがブームとなった際に注目された、一時の悲惨な運営状況が嘘のように、今や飛ぶ鳥を落とす勢いである高知競馬。一体、何があったのだろうか。

「高知競馬に限らず、全国的に言えることですが、インターネットで馬券を購入できるシステムが開発・整備されたことが非常に大きいと思います。ソフトバンクの系列会社が運営する『オッズパーク』が誕生したことで火が付き、今はJRA(日本中央競馬会)のインターネット馬券購入システムで地方競馬の馬券が買えるようになって、一気に業績を回復した競馬場が相次いでいる状況です。

特に高知競馬は『夜さ恋ナイター』と銘打って、通年でナイター競馬を開催していることが大きい。インターネットのおかげで立地的な不利が解消されただけでなく、夜に手軽に馬券が買えることがファンに受け入れられ、大きく売上を伸ばすに至りました」(競馬記者)

 2003年には88億円に上った負債を清算する引き換えに「これ以上、赤字が増えれば廃止」というところまで追い詰められた高知競馬。

高知競馬10年間で「売上10倍」の快挙! かつてハルウララ騎乗の武豊騎手が「悲惨」と憂いた競馬場が「時代の風」に乗るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」