NEW

高知競馬10年間で「売上10倍」の快挙! かつてハルウララ騎乗の武豊騎手が「悲惨」と憂いた競馬場が「時代の風」に乗る

【この記事のキーワード】, ,

高知競馬10年間で「売上10倍」の快挙! かつてハルウララ騎乗の武豊騎手が「悲惨」と憂いた競馬場が「時代の風」に乗るの画像3

 まさに、一寸先は闇。高知競馬の”再生”は組合のなりふり構わぬ運営努力が呼び込んだものに他ならないが、やはりJRAが重い腰を上げたことが何よりも大きい。

 規模が大きく異なるとはいえ、「中央」と称されるJRAにとって地方競馬は同業の商売敵、「日本の競馬を支える」という大義名分以外、地方競馬に手を差し伸べる主たる理由はない。それでも馬券購入システムの共有が実現したのは、地方競馬の相次ぐ廃止を問題視した国そのものが競馬法を改正するなど、動きを見せたからである。

 その甲斐もあって、現在は全国的にJRAを上回る成長を見せている地方競馬。まさに長い冬の時代を超えて春を迎えた状況だが、その一方で惜しまれるのは、やはり再生の道半ばで力尽きてしまった多くの地方競馬場だ。

 特に2011年に廃止となった熊本県の荒尾競馬場や、同じく2013年に廃止した広島の福山競馬場などは、地方競馬に”追い風”が吹き始めた頃の撤退とあって「なんとかならなかったか」という思いは強い。無論、どこの競馬場も足掻きに足掻いた末の結末だけに、無念の至りと述べる他ないのだが……。

 しかし、だからこそ不況の波を越えて生き残った地方競馬場は逞しく、奢りもない。

 特に高知競馬は、一度”仮死”に至った2008年は年間売上が38億8000万円まで落ち込んでいた。だが、今やその約10倍にあたる360億円超え。そこには高知県競馬組合の方々の尽力はもちろん、馬券を購入するファンを含めた「全国の競馬を愛する者たち」の思いや底力が宿っているに違いない。

 微力ながら筆者もその中の1人として、益々の盛り上がりを祈るばかりだ。
(文=浅井宗次郎)

高知競馬10年間で「売上10倍」の快挙! かつてハルウララ騎乗の武豊騎手が「悲惨」と憂いた競馬場が「時代の風」に乗るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇