NEW

大阪杯(G1)ゴールドアクター「真実」を関係者激白……「奇跡」は起こるのか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪杯(G1)ゴールドアクター「真実」を関係者激白......「奇跡」は起こるのかの画像1

 強豪集う4月1日の大阪杯(G1)。そんな中、すでに「諦めムード」すら漂うG1ホースが1頭。ゴールドアクター(牡7 美浦・中川公成厩舎)である。

 2014年菊花賞3着、2015年有馬記念1着、2016年有馬記念3着、2017年宝塚記念2着と、ここまで現役トップクラスの実績を上げてきたゴールドアクター。G1勝利こそ1度だけだが強さは誰もが知るところ、血統面や生い立ちなども相まってファンも非常に多い馬である。

 しかし、今のゴールドアクターにそこまでの期待をしている声は聞こえてこない。すべては「前走」の結果だ。

 昨年秋を全休し、迎えた年明け初戦AJCC(G2)。久々ということもあってか3番人気だったものの、武豊騎乗ということもあり多くのファンはその走りに期待した。

 しかし、レースでは道中5番手を進んだものの、最終コーナー手前からズルズルと後退。結果はまさかの「最下位」だった。武豊騎手も「”らしくない”走りでした。前後の脚のバランスが悪く、深刻かもしれません」と心配を隠さず。ファンも肩を落としたに違いない。

 さすがのシンガリ負けに「ゴールドアクターは終わった」なんて声も後を絶たず。そしてそれは、ゴールドアクターを知る関係者も同じのようだ。

大阪杯(G1)ゴールドアクター「真実」を関係者激白……「奇跡」は起こるのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!