NEW

JRA台頭必至の注目厩舎! キンカメ、ディープ産駒ほぼなしのいぶし銀のラインナップが輝きを放つ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA台頭必至の注目厩舎! キンカメ、ディープ産駒ほぼなしのいぶし銀のラインナップが輝きを放つの画像1

 春のG1戦線初戦・高松宮記念(G1)はファインニードルがレッツゴードンキを交わし、ハナ差で優勝。所属する高橋義忠厩舎に初G1勝利をプレゼントした。

 ここ最近、藤原英昭厩舎が「歴代最高ペース」で勝利を上げていると話題になっている。その影に隠れてはいるものの、このファインニードルを管理する高橋義厩舎も近年稀に見るペースで勝利をあげており、関係者の間では「好調な厩舎」として話題に上ることも多い。

「高橋義調教師の父はメイショウバトラーなどを輩出した高橋成忠氏。その父の厩舎を継ぐ形で2011年に開業を果たしました。スタッフたちはほぼスライドする形で異動したのですが、そのタイミングでスタイルを刷新。調教に馬術のエッセンスなど新しい手法を積極的に取り入れ、さらに公式HPで管理する馬の情報を公開するなど、新しいタイプの調教師として知られています。

 これまでは31勝が自己ベストでしたが、今年はすでに11勝をあげ、年間45勝ペースで勝ち星を量産しています。好調にもかかわらず、今年は1番人気で5戦しているものの未勝利なのを気にかけている様子ですが、それも小事。今後も名前を聞くことが増える厩舎だと思います」(現場記者)

 ここ5年で重賞を11勝もあげるなど、大舞台での強さも光る。そしてこの厩舎は他厩舎とはちょっと違った特徴も持っているという。

JRA台頭必至の注目厩舎! キンカメ、ディープ産駒ほぼなしのいぶし銀のラインナップが輝きを放つのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事