NEW

大阪杯(G1)「サイン」は武豊騎手いじり芸人・和牛登場で大波乱の予感?『24時間テレビ』初代ランナー間寛平から「アノ馬」が急浮上!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪杯(G1)「サイン」は武豊騎手いじり芸人・和牛登場で大波乱の予感?『24時間テレビ』初代ランナー間寛平から「アノ馬」が急浮上!?の画像1

 1日に阪神競馬場で行われる大阪杯(G1)。昨年の覇者キタサンブラックのような大黒柱が不在となる今年は、G1未勝利馬のスワーヴリチャードが本命視される混戦模様だ。

 また、ドバイワールドカップデーの日程との兼ね合いもあって武豊騎手やC.ルメール騎手、岩田康誠騎手といったG1常連騎手が不在。一長一短ありそうな配分となった鞍上も、波乱の気配に拍車を掛けている。

 そんな今年の大阪杯の「サイン馬券」の重要な要素となるゲストプレゼンターを務めるのは芸人の間寛平と、お笑いコンビ和牛。共に大阪のお膝元「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に所属する芸人だけに爆笑トークが期待できそうだ。

 よしもとが誇る吉本新喜劇の看板役者の1人・間寛平は、芸能界屈指のマラソンランナーとして有名。マラソンとヨットで世界一周に挑む『アースマラソン』を完走したことや、『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)のチャリティーマラソンの初代ランナーを務めたことで全国的に名を知られている。

 つまりは芸能界が誇る最強のステイヤー。間寛平からすると、大阪杯の2000m=2kmなどあっという間、物足りないに違いない。そこに着目すると「2000mは短すぎる」と距離が不安視されているシュヴァルグランが浮上する。ここに懸ける三浦皇成騎手の一発があるか。

 なお余談になってしまうが、競馬通としても知られる間寛平は、過去にもJRAのプレゼンターに選ばれた経歴がある。

 中でも一昨年の福島記念(G3)のプレゼンターを務めており、その時に勝ったのがマルターズアポジーだった。しかし、マルターズアポジーは大阪杯ではなく、裏開催のダービー卿チャレンジT(G3)に回った模様……強烈なサイン的後押しがあっただけに、本当に惜しまれる。陣営の方々には猛省を促したいものだ(笑)。

大阪杯(G1)「サイン」は武豊騎手いじり芸人・和牛登場で大波乱の予感?『24時間テレビ』初代ランナー間寛平から「アノ馬」が急浮上!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!