NEW

M.デムーロ神騎乗に「超・反対派」藤田伸二氏も白旗!? 大阪杯(G1)スワーヴリチャードの気になる「次走」は……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
M.デムーロ神騎乗に「超・反対派」藤田伸二氏も白旗!? 大阪杯(G1)スワーヴリチャードの気になる「次走」は......の画像1

 1日、古馬王道路線の開幕戦となる第62回大阪杯(G1)が阪神競馬場で行われ、1番人気のスワーヴリチャード(牡4歳、栗東・庄野靖志厩舎)が一気の大まくりで完勝した。

 誰もが絶賛する他ない、M.デムーロ「神」の騎乗だった。16頭立てで行われたレースで、15番枠という外枠からの発走となったスワーヴリチャード。右回りでは最後の直線で内に持たれる悪癖があり、同じく外枠からのスタートとなった前々走の有馬記念では、最後の直線で内側に斜行。デムーロ騎手は騎乗停止処分の憂き目に遭った。

「(外枠から内に潜り込めず)外、外には行かせたくなかったし、有馬記念のような感じになるのはイヤでした」

 年頭に「今年はきれいに(制裁なしで)勝ちたい」と誓っていたデムーロ騎手にも、やはりその”苦い記憶”は強く残っていたようだ。スタートでダッシュがつかず、後方からという厳しい展開。しかし、G1で神のような勝負強さを見せるイタリア人騎手の頭はクールだった。

 前半の1000m通過が61.1秒というスローペース。この流れを打破しようと大きく動いたのが、まさかのスワーヴリチャードだった。後方集団から一気の加速を見せて各馬をごぼう抜き。残り800mを切ったところで早くも先頭に立つと、スタンドからは悲鳴のような大歓声が上がった。

「最初に(田辺裕信騎手の)トリオンフが動いていったけど、それでも『ペースは遅い』と感じていました。(残り800mを切った)3コーナーでは反応が良くて、いい手応え。追い出したときはまだ800mあったけど、楽な手応えでした」

 G1で、それも1番人気では、なかなかできないであろう大胆不敵な騎乗。結局、スワーヴリチャードは、そのまま後続を寄せ付けずに完勝。大舞台で神懸った勝負強さを見せるデムーロ騎手の「感性」の一端を垣間見た今年の大阪杯だった。

M.デムーロ神騎乗に「超・反対派」藤田伸二氏も白旗!? 大阪杯(G1)スワーヴリチャードの気になる「次走」は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事