NEW

元JRA藤田伸二が皐月賞「非情乗り替わり」に激怒! 完全な「新米厩舎批判」に唖然

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元JRA藤田伸二が皐月賞「非情乗り替わり」に激怒! 完全な「新米厩舎批判」に唖然の画像2

 そのケイティクレバーから降ろされることになった小林徹騎手はデビュー26年目のベテラン。だが、最近は成績が低迷していることもあり、重賞出走すらままならない騎手生活を送っていた。昨年、ケイティクレバーに騎乗して朝日杯FSに出走したが、これは小林徹騎手にとって11年6カ月ぶりのG1競走での騎乗だっただったという。

「小林徹騎手はケイティクレバーを以前まで管理していた目野哲也厩舎デビュー。その師匠的な存在から、預けられた素質馬でデビューから一貫して騎乗し、朝日杯こそ11着と惨敗したものの、それ以外では掲示板を外すこともない安定した成績を残してついにクラシックにまで到達しました。それだけにケイティクレバーに対しての思い入れは相当なものがあったと思います。

 小林徹騎手と親交があり、これまで日々の調教でも騎乗していたことなどを知っていた藤田騎手からすれば、この乗り替わりが調教師主導のもので強引に行われたように写り、我慢ならなかったのでしょう。騎手がおおっぴらに厩舎などを批判することはタブーですから、小林徹騎手に代わって気持ちを代弁しようと考えたのかもしれませんね」(競馬誌記者)

 本番の皐月賞では小林徹騎手×ケイティクレバーのタッグに乾坤一擲の走りを期待したかったのだが……。タッグが再結成する日は来るのだろうか?

元JRA藤田伸二が皐月賞「非情乗り替わり」に激怒! 完全な「新米厩舎批判」に唖然のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!