NEW

桜花賞(G1)「異変」ラッキーライラックの調整方法が心配? 14年ぶり無敗の桜花賞馬誕生へ「最大不安」石橋脩騎手以上に鍵を握るのは……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜花賞(G1)「異変」ラッキーライラックの調整方法が心配? 14年ぶり無敗の桜花賞馬誕生へ「最大不安」石橋脩騎手以上に鍵を握るのは......の画像1

 8日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの開幕戦・桜花賞(G1)。今年の「主役」は無敗の2歳女王ラッキーライラック(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)で間違いないだろう。勝って「無敗の桜花賞馬」となれば2004年のダンスインザムード以来、14年ぶりとなる。

 牡馬とは異なり、2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)、王道トライアルのチューリップ賞(G2)、そして今回の桜花賞がいずれも同距離、同コースの阪神マイル戦となる牝馬クラシック路線。

 それ故に、「無敗の桜花賞馬」が13年間も誕生していないのは少々意外な気もする。だが、グレード制が導入され、桜花賞がG1になった1984年以降でも無敗で桜花賞を制したのは90年のアグネスフローラ、91年のシスタートウショウ、そして先述したダンスインザムードのわずか3頭しかいない。

 ましてやラッキーライラックのように2歳女王として、無敗のままG1の桜花賞を制した馬はいない。昨年はソウルスターリングが、その壁に阻まれている。

 すでに他のメディアでも報じられている通り、昨年のソウルスターリング、そして一昨年のメジャーエンブレムとここ2年、単勝1倍台の圧倒的な大本命となった2歳女王が、よもやの敗戦を喫している桜花賞。無論、だからといって今年のラッキーライラックが敗れる理由にはならない。

 ただ、無敗の2歳女王の数少ない「死角」として最も懸念されているのが、主戦の石橋脩騎手の経験の浅さだろう。しかし、現場の記者は石橋騎手のプレッシャーよりも、周囲の環境が生んだ「歪み」が気になるという。

桜花賞(G1)「異変」ラッキーライラックの調整方法が心配? 14年ぶり無敗の桜花賞馬誕生へ「最大不安」石橋脩騎手以上に鍵を握るのは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!