Business Journal >  > スポーツ > センバツ決勝  > 2ページ目
NEW

センバツ高校野球決勝「近畿攻めダルマ」対決! 「最強」大阪桐蔭VS「超打撃」智弁和歌山のキーマン

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 特に打撃は前評判どおりで、準々決勝では東北の雄・花巻東を17安打19得点、三重と激突した準決勝では延長戦にもつれながらも、高い集中力を保ち好投手定本を捕らえた。大会前に各校が口を揃えて宣言していた「大阪桐蔭包囲網」もなんのその、全国屈指の打撃力で順当に決勝進出を果たした。

 高校通算20本塁打を記録、投げてはMAX148kmを誇る根尾、U18日本代表の不動の1番バッターで準決勝ではサヨナラ二塁打を放った藤原など、今年のドラフト候補がずらりと並ぶなかで、今大会大活躍なのが宮崎だ。昨秋の新チーム発足時は2番バッターとしてチームのつなぎ役を担っていたが、今大会では1番バッターに抜擢。2回戦の伊万里戦では2打席連続二塁打、準決勝の花巻東戦では初回に四球を選び先制のホームを踏むと、その後ヒット、三塁打と猛打賞とそつのないバッティングを披露した。新生リードオフマンが決勝でもチームに勢いを与えたいところだ。

 両チームともに終盤に勝負を決するバッティングを見せていることから、最後の最後に試合がひっくり返る可能性も。野球好きであれば、最後の一球まで刮目して勝負の行方を見守ろう。

センバツ高校野球決勝「近畿攻めダルマ」対決! 「最強」大阪桐蔭VS「超打撃」智弁和歌山のキーマンのページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!