NEW

武豊マウレア「桜花賞史上初の偉業」へ気合満点! 最強ラッキーライラックを上回る「地の利」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊マウレア「桜花賞史上初の偉業」へ気合満点! 最強ラッキーライラックを上回る「地の利」の画像1

 牝馬クラシックの開幕戦・桜花賞(G1)が8日に阪神競馬場で行われる。今年はラッキーライラックが2004年のダンスインザムード以来、14年ぶりとなる「無敗の桜花賞馬」を目指す。その偉業を成し遂げようとしている同馬の前に立ちふさがる1頭がマウレア(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)だ。

 昨年暮れの阪神ジュベナイルF(G1)で3着に入線。今年の始動戦であるクイーンC(G3)では最後の直線で本来の伸びを欠いて5着と涙を飲んだが、武豊騎手と初タッグを結成したチューリップ賞(G2)では2着に入線し、桜花賞への優先出走権を獲得することにも成功した。

 今年はマウレアとクラシック初戦を迎えることとなった武豊騎手は、自身の公式ホームページの日記で、強力なライバルはいるものの「ボクのマウレアも相当のレベルにあると思っています」と自信をのぞかせる。さらにマウレアの全姉が2013年の桜花賞馬アユサンであることをあげ「勝てば姉妹制覇。これがなんと前例がないらしいですから、ちょっと燃えますね』と記録達成に意欲満々。JRAで数多くの記録に名を残す名手が、新たな称号を得るべく虎視眈々と”一撃”を狙う。

「マウレアが一線級の実力を持っていることは証明済み。またのアユサンの全妹であることから血統的に見てもコース適性はあるでしょうね。

 昨年はリスグラシューのような有力お手馬がいた武豊騎手ですが、今年はめぼしい馬の乗鞍がありませんでした。そんな武豊騎手に手を差し伸べたのがマウレア陣営です。本人も大きな恩があると感じているはずですので、気合は十分でしょう」(競馬誌ライター)

武豊マウレア「桜花賞史上初の偉業」へ気合満点! 最強ラッキーライラックを上回る「地の利」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!