NEW

桜花賞(G1)ラッキーライラックの扱いは? 「関係者裏情報」4頭で好配当ゲット

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜花賞(G1)ラッキーライラックの扱いは? 「関係者裏情報」4頭で好配当ゲットの画像1

 牝馬クラシックの初戦である桜花賞(G1)には、今年も多くの有力馬が顔をそろえることになった。

 今週は「現場の声を重視するブロディN」が桜花賞に”4頭”のみで挑戦。関係者より入手した「有力情報」から選んだ「至極の◎○▲△」を紹介していこう。

 まず、本命「◎」に選んだのは、2歳女王ラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎)だ。

 デビュー以来、4戦4勝と無敗でクラシックに挑むことになったラッキーライラック。ライバルを寄せ付けない走りを披露し続けているが、注目したいのはクラシック前哨戦だった前走だ。

 前走のチューリップ賞(G2)では好位から早めに進出して、直線で上がり最速タイとなる33.3秒の末脚を発揮。2着のマウレアに2馬身差をつけて快勝した。この正攻法の競馬での勝利で、改めて同馬の実力の高さを感じ取った人も多いだろう。

「追い切りも中間、直前ともに調子はよかったみたい。状態は文句のつけようがないほど万全と見ていいだろう。追われる立場なのでプレッシャーもあり、さらに他馬からマークもキツイものになると予想されるけど、人馬ともに実力をフルに発揮すれば結果はついてくるだろうね」(現場記者)

 仕上がりの良さも絶賛されているラッキーライラック。陣営は、2004年のダンスインザムード以来、14年ぶりとなる無敗での桜花賞制覇の夢を見ているが、それを成し遂げることができるか注目される。

桜花賞(G1)ラッキーライラックの扱いは? 「関係者裏情報」4頭で好配当ゲットのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!