Business Journal >  > 競馬 > 桜花賞(G1)サイン  > 2ページ目
NEW

桜花賞(G1)サインは柳楽優弥の「大不評」勝負服が激熱!? 「偶然過ぎる」JRAポスターが示唆する「2頭」が絡めば歴史に残る大万馬券も?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 何故なら、このポスターには柳楽と土屋太鳳の2人が「騎手の勝負服姿」で登場しているからだ。ここでも勝負服が大きくクローズアップされている。ただ残念ながら、今回の桜花賞の出走馬の中に、まったく同じデザインの該当馬はいなかった。

 ただ、柳楽が着用している勝負服は「たすき形」と呼ばれるデザインで、今回の出走馬の中で「たすき形」の勝負服はコーディエライトただ1頭が該当している。また、土屋の勝負服は「鋸歯型」というデザインで、これもまた唯一アンコールプリュだけが該当。サイン的には「勝負服」が鍵を握っている以上、ここに注目しないわけにはいかないだろう。

 そうなると問題は「色」だが、プレゼンターの柳楽が着用している勝負服は「緑」と「黒」。奇しくもコーディエライトが「6枠の緑」であり、アンコールプリュが「2枠の黒」と偶然の一致が発生している。袖には1枠の「白」も使われているので、ラッキーライラックを3着で抑えておけば、サイン的には完璧か……。

 いずれにせよ、コーディエライトもアンコールプリュも「大穴」が期待できる存在。サイン通りにこの2頭が馬券に絡むようなら、歴史に残る大万馬券が期待できそうだ。

桜花賞(G1)サインは柳楽優弥の「大不評」勝負服が激熱!? 「偶然過ぎる」JRAポスターが示唆する「2頭」が絡めば歴史に残る大万馬券も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!