NEW

元JRA藤田伸二氏「安田翔伍は七光り」「どうかしてる」調教師を動画批判! 関係者の間でも評判悪い?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元JRA藤田伸二氏「安田翔伍は七光り」「どうかしてる」調教師を動画批判! 関係者の間でも評判悪い?の画像1

 元JRA騎手の藤田伸二氏が、15日の皐月賞(G1)に出走するケイティクレバーを管理する安田翔伍調教師を、動画内で「名指し批判」した。

 藤田氏はYouTube内で「建築屋おだじ」という友人と出演。お酒を飲みながら、小林徹弥騎手がデビューから騎乗を続けていたケイティクレバーが、皐月賞で浜中俊騎手に乗り替わる件について怒りを露わにしている。

 藤田氏は先月30日、Twitterで『8845が大事に育てた愛馬が皐月賞で乗り替わり…前走でも特に失敗した乗り方はしていない!調教師の定年による転厩。代わる浜中には何も罪は無いがどうかしてるぜ。内部の話しだと前走直後「これで騎手変えれる!」と半人前な調教師は呟いたらしい。馬主は8845に協力的だっただけにムカつくな!』とツイート。これが小林騎手とケイティクレバーということがわかり、その時点で管理する今年デビューの安田調教師への批判ということがわかった。今回の動画は、それに対する反響が大きかったことから、動画公開に踏み切ったようだ。

 藤田氏は、安田調教師の父である安田隆行調教師には、ダート路線の主役だったトランセンドに騎乗するなど「世話になった」とした上で、2月で引退した目野調教師から安田調教師に転厩した瞬間に浜中俊騎手に即乗り替わったことを「どうかしてる」と批判。さらにはケイティのオーナーに対しても「小林がどれだけ気持ちを入れて調教していたかわかってほしい」と疑問を呈した。

 藤田氏はさらに「新米調教師がそんな動きをするなんて」「助手が調教師になった瞬間先生扱い」「だから最近の競馬はつまらない」などと語った上で、安田調教師を「オヤジも調教師で2世、七光りにもほどがある。誰がバックアップしてるんだよ」と徹底的に批判した。

元JRA藤田伸二氏「安田翔伍は七光り」「どうかしてる」調教師を動画批判! 関係者の間でも評判悪い?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!