GJ > 競馬 > 福永祐一騎手「悲願」  > 3ページ目
NEW

皐月賞(G1)福永祐一騎手「悲願」阻止の”怪物”は現れるか。ワグネリアン「驚愕」の安定感で3着以内濃厚も「最後の祈り」は

【この記事のキーワード】

, ,

皐月賞(G1)福永祐一騎手「悲願」阻止の怪物は現れるか。ワグネリアン「驚愕」の安定感で3着以内濃厚も「最後の祈り」はの画像2

 大レースで「勝負弱い」と言われている福永騎手だが、人気馬に騎乗した際の皐月賞での結果は特筆もの。現在のところ1番人気が濃厚といわれているワグネリアンならば、少なくとも好結果は充分に期待できるだろう。

 ただ、ダノンプレミアムという大本命が消えた以上、福永騎手にとっても「好結果」では満足できないに違いない。ここは何としても「勝ち」が欲しいところだ。

 そんな福永騎手と挑むワグネリアンは「大器」には違いないが、前走の弥生賞で悠然と外を回ったダノンプレミアムに歯が立たなかった以上、「怪物」ではないのかもしれない。もしも、例え今回の皐月賞を勝利したとしても、おそらくワグネリアンに「世代No.1」の称号が移ることはないはずだ。

 しかし、福永騎手にとってもワグネリアンにとっても「世代No.1」の称号はいらない。本当に欲しいのは「1着」という結果に他ならないのだから。

「悲願達成」へ。福永騎手にできることは、リアルスティールの時のようなスキのない騎乗だけだ。ワグネリアンを完璧にエスコートし、最後の直線でゴールを目指して必死に追う。未知なる「怪物」が飛んでこないことを祈りながら――。

皐月賞(G1)福永祐一騎手「悲願」阻止の”怪物”は現れるか。ワグネリアン「驚愕」の安定感で3着以内濃厚も「最後の祈り」はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!