NEW

JRA藤田菜七子「社台良血馬で5勝目」で出世確定!? 馬質一気に向上で目標も間近

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA藤田菜七子「社台良血馬で5勝目」で出世確定!? 馬質一気に向上で目標も間近の画像1

 4月8日にJRA藤田菜七子騎手が約2カ月ぶりの白星をあげた。

 その舞台となったのは福島5R・3歳未勝利戦(芝・2000m)。菜七子騎手は5番人気のマルーンエンブレム(牝、美浦・小島茂之厩舎)に騎乗して出走。道中は後方に控えつつ、4コーナー手前で外に出して進出。最後の直線では上がり最速となる36.0秒の末脚を披露して、先を行くライバルたちを次々に交わしてゴール。嬉しい5勝目をゲットした。

 レース後、菜七子騎手はスタートがあまりうまくいかなかったものの「絶対にいい脚を使えると思っていたのでじっくりためていきました」と語り、「直線で思った通りに脚を使ってくれて最後は楽でしたね」と思い描いた競馬が出来たと話した。マルーンエンブレムは380kgと小柄ながらも「パワフルな走り。今後が楽しみです」と期待を込めた。

 菜七子騎手とタッグを組んだマルーンエンブレムは、父は3冠馬オルフェーヴル、母は秋華賞を制したブラックエンブレムで、母父は米国の二冠馬ウォーエンブレムという血統を持つ。昨年の暮れに三浦皇成騎手とタッグを組み、新馬戦(芝・1600m)に出走したが、6着に終わっていた。

「マルーンエンブレムはシルクレーシングが所有する良血馬で、当然ながら社台グループのノーザンファーム生産馬。菜七子騎手は今年から、戸崎圭太騎手などとも契約する中村剛士元騎手とエージェント契約を結んだおかげで馬質が向上中で、社台グループの馬にも騎乗できるようになりましたが、早くも良血馬に騎乗して勝利しましたね。本人が今年の目標と語るG1出走に必要な『31勝』も間近になってきました。このまま突き進んでもらいたいですね」(競馬誌ライター)

 また菜七子騎手は今回のレースで、初めて芝2000mの中長距離で初勝利をあげている。

JRA藤田菜七子「社台良血馬で5勝目」で出世確定!? 馬質一気に向上で目標も間近のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!