NEW

JRA松山弘平騎手が「人身事故」!? 『みんなのKEIBA』で前代未聞のアクシデント”当て逃げ”のまま桜花賞(G1)強行出場も……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA松山弘平騎手が「人身事故」!? 『みんなのKEIBA』で前代未聞のアクシデント当て逃げのまま桜花賞(G1)強行出場も......の画像1

 8日に阪神競馬場で行われた桜花賞(G1)は、最後の直線で先に抜け出した2歳女王ラッキーライラックを、2番人気のアーモンドアイが異次元の末脚で捉えて戴冠。世代の女王交代を高らかに宣言した。

 そんな華やかなレースのわずか数分前に起こった、競馬界でも前代未聞の”人身事故“。この日、レース中継を行っていた『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)でも大映しとなったため、事故の瞬間は息を飲んだ視聴者も多かったのではないだろうか。

「人身事故」といえば通常、自動車などに人が撥ねられるところを想像するだろうが、舞台は競馬場。走っているのは車ではなく、馬だ。

 事故は桜花賞のレースの数分前、出走各馬が本馬場入場を行っている最中で起きた。

 1枠1番での出走となった大本命馬ラッキーライラックの入場に、スタンドから大きな歓声が上がって幕を開けた桜花賞の本馬場入場。2番のアマルフィコーストが出走取消となっていたため、続いて3番のリバティハイツが厩舎スタッフに連れられて芝コースに駆け出していく。

 さらに続いて4番のアンコールプリュはイレ込みが激しいのか、スタッフ2人引きでの入場。そして5番のレッドサクヤが馬場入りを果たした時、事故は起きた。

JRA松山弘平騎手が「人身事故」!? 『みんなのKEIBA』で前代未聞のアクシデント”当て逃げ”のまま桜花賞(G1)強行出場も……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!