NEW

【マイラーズC(G2)展望】武豊エアスピネル「コンビ再結成」で悲願のG1制覇へ始動!「強い4歳」モズアスコット&サングレーザーが世代交代を狙う!

【この記事のキーワード】, ,
【マイラーズC(G2)展望】武豊エアスピネル「コンビ再結成」で悲願のG1制覇へ始動!「強い4歳」モズアスコット&サングレーザーが世代交代を狙う!の画像1

 春のG1戦線も小休止。22日には京都競馬場でマイラーズC(G2)が開催される。

 昨年のマイラーズCで約2年半ぶりの勝利を上げたイスラボニータこそターフを去ったものの、今年も春のマイル王決定戦・安田記念(G1)を睨むマイラーたちが集結。現・マイル王ペルシアンナイトの逆転を狙う強豪が顔を揃えた。

 中心は昨年のマイルCS(G1)で、そのペルシアンナイトとハナ差の接戦を演じたエアスピネル(牡5歳、栗東・笹田和秀厩舎)だ。

 今年は中山記念(G2)からの始動が計画されていたが、骨膜炎を発症したために回避。幸い症状は軽く、昨年同様ここから安田記念に挑むこととなった。

 京都のマイル戦はデイリー杯2歳S(G2)、京都金杯(G3)勝ち、そして昨年のマイルCSでも2着と得意にしているコース。昨春のマイラーズCでも勝ったイスラボニータに半馬身差の2着と連対率は100%を誇っている。骨のあるメンバーが揃ったが、悲願のG1制覇に向けて負けられない一戦となりそうだ。主戦の武豊騎手とのコンビが復活したことも大きいと言えるだろう。

 昨秋から大レースで圧倒的な強さを示している「強い4歳世代」からは、フランケル産駒のモズアスコット(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が始動戦を迎える。

【マイラーズC(G2)展望】武豊エアスピネル「コンビ再結成」で悲願のG1制覇へ始動!「強い4歳」モズアスコット&サングレーザーが世代交代を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  5. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは