NEW

パチンコ低迷に動じぬ「23億円増」も不安……主力タイトル最新作へ不満が爆発!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ低迷に動じぬ「23億円増」も不安......主力タイトル最新作へ不満が爆発!?の画像1

 3月に導入された『CR FAIRY TAIL』(藤商事)がホールを大いに盛り上げている。右打ち中の大当たりが「全て約2240個」と強力な出玉性能を搭載した本機は、高い稼働を維持し続けている状況だ。

 5月には同コンテンツのパチスロが”衝撃的な筐体”で登場予定。「パチスロ向きのコンテンツ」との意見が上がっていたこともあり、期待するユーザーも多い様子。名物メーカー藤商事の快進撃を予想する人間は多い。

 多くのメーカーが収益を減らしているなか、高い業績を残している藤商事。平成30年3月期(平成29年4月1日~平成30年3月31日)通期個別業績予想数値の修正に関し、売上高は523億円(前回発表値比23億円増)、営業利益43億円(同18億円増)、経常利益37億円(同12億円増)、純利益23億円(同6億円増)と、不況を感じさせぬ数値を発表している。

 そんな勢いに乗る藤商事への注目は、さらに高まりそうな気配だ。同社の”看板機種”が登場するとの情報が話題になっている。

「藤商事さんといえばホラージャンルの機種が有名ですが、その中でも実績の高い『リング』最新作がAタイプで出るようですね。しかも人気ホラー映画の『呪怨』とのコラボということで、楽しみにしている人間は多かったです。

藤商事さんは息の長い機種が多いですしね。その上で人気コンテンツとなれば、ホールも期待するのは当然だと思いますが……。旧型の筐体で液晶非搭載という残念な仕様との情報が。『作り込んだ感じがしない』『ホラー感がない』との意見が出ています。

パチンコ低迷に動じぬ「23億円増」も不安……主力タイトル最新作へ不満が爆発!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!