NEW

【福島牝馬S(G3)展望】連勝へカワキタエンカVS巻き返しトーセンビクトリー! 前走から続くライバル対決を制するのは?

【福島牝馬S(G3)展望】連勝へカワキタエンカVS巻き返しトーセンビクトリー! 前走から続くライバル対決を制するのは?の画像1

 今週末で最終週となる福島競馬場では、21日(土)に今開催では唯一の重賞である福島牝馬S(G3)が行われる。春の福島開催の目玉ともいえるレースではあるが、勝ち馬にはヴィクトリアマイル(G1)の優先出走権が与えられるとあって、今年も好メンバーによる熱い戦いが繰り広げられそうだ。

 前走の中山牝馬S(G3)で重賞初勝利を飾ったカワキタエンカ(牝4、栗東・浜田厩舎)にとっては初めての福島参戦となるが、無様なレースはできないはずだ。ここまでの戦績を振り返ると10戦しているが1800m戦のレースに限ってみれば5戦3勝、2着2回とこの距離では抜群の成績を残しており、重賞連勝の期待は大きい。デビュー直後は好位からの競馬をしていたが、今では出足の速さを活かした逃げの競馬が身についている。自分のペースでレースをした時の粘り強さは他馬にとっての驚異だろう。初めての重賞制覇となった中山牝馬S(G3)はまさにその典型で、道中単騎逃げの形に持ち込んだにもかかわらずスローペースを作り出すと、後続の追い上げを許さない完璧な内容での逃げ切り勝ち。もちろんこの勝利は展開面に恵まれたことも大きかったのだが、速い流れとなった昨年のローズS(G2)でも2着に粘りこんでいるように、最後の直線での強さは侮れない。小回りの福島競馬場で持ち前のスピードを発揮することができれば、重賞連勝のチャンスはあるはずだ。

 連覇を目指した中山牝馬S(G3)では敗れたトーセンビクトリー(牝6、栗東・角居厩舎)だが、雪辱を期すチャンスが早くも到来した。前走はトップハンデとなる斤量56㎏を背負っての戦いで斤量差が3㎏あった勝ち馬から0.3秒差と見せ場を作れていた。今年に入ってからは格上の牡馬が相手だったAJCC(G2)で5着、ハンデを背負った中山牝馬S(G3)でも4着になるなど、大崩れすることなく好走を続けている。それだけに別定戦で54㎏の出走となる今回は、陣営としても力の入るレースとなりそうだ。母が01年のエリザベス女王杯(G1)を勝利しているトゥザヴィクトリーという良血馬だけに、2つ目の重賞タイトルの獲得が待たれる。

 レイホーロマンス(牝5、栗東・橋田厩舎)にとっては真価の問われるレースとなりそうだ。2走前の愛知杯(G3)で戦前の評価を覆す好走を見せて2着に食い込むと、前走の中山牝馬S(G3)でも追い込み馬にとっては不利な展開から3着に入る活躍を見せ、引き続き好調を維持しているようだ。牝馬らしい小柄な馬体の持ち主ながら、ここ2戦では上り最速の末脚を使っているように最後の直線は堅実だ。斤量面の克服、直線の短いコースへの対応など課題があることは確かだが、充実ぶりが目立つだけに一気の重賞制覇があっても驚けない。

【福島牝馬S(G3)展望】連勝へカワキタエンカVS巻き返しトーセンビクトリー! 前走から続くライバル対決を制するのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々