Business Journal >  > 競馬 > 武豊「騎乗停止」  > 2ページ目
NEW

武豊「騎乗停止」に藤田伸二氏が痛烈コメント!? 風雲急を告げる天皇賞・春(G1)クリンチャー「鞍上」は……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本件を受け、元JRA騎手で史上唯一、特別模範騎手賞(東西のいずれかで勝利数、獲得賞金額、勝率各部門のうち5位に入り、なおかつ制裁点が0点)を2度受賞した藤田伸二氏は公式Twitterを通じて「あれは馬を抑えきれなくて外へ持ち出した結果だ!」「あれは完全アウト!」「(抑えられなかったから仕方ない?)抑えれるわ!」とコメント。やはり今回の武豊騎手への騎乗停止処分は妥当だったということだろうか。

 5月6日まで9日間の騎乗停止となった武豊騎手は、29日の天皇賞・春(G1)のクリンチャー、5月6日のNHKマイルC(G1)でのケイアイノーテックに騎乗することができなくなった。なお、ケイアイノーテックに関しては、すでに藤岡佑介騎手への乗り替わりが発表されている。

「問題は、今週末に迫った天皇賞・春のクリンチャーの鞍上でしょうね。有力騎手はすでに騎乗馬が決定しているので、ほぼ動けない状況。同日に京都で騎乗していて、かつ、天皇賞・春で騎乗馬がいない騎手から選ぶのが現実的でしょう。

ただ、当然ながら大方の有力どころはすでに埋まっていますし、いい人が見つかるかどうか。天皇賞・春は騎手の腕がモノを言う長距離戦だけに、経験や実績のある騎手を優先させたいところですね」(同)

 ネット上のファンからは早くも幸英明騎手や横山典弘騎手などの名が挙げられているが、それらと同じくらいコメントされているのが「こんなことなら、藤岡佑介騎手のままでよかったのに……」という声だ。

武豊「騎乗停止」に藤田伸二氏が痛烈コメント!? 風雲急を告げる天皇賞・春(G1)クリンチャー「鞍上」は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事