NEW

武豊エアスピネル、アンカツ絶賛の「完璧騎乗」も完敗……横綱スワーヴリチャード合流で「絶望的」安田記念(G1)に残された「望み」は

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊エアスピネル、アンカツ絶賛の「完璧騎乗」も完敗......横綱スワーヴリチャード合流で「絶望的」安田記念(G1)に残された「望み」はの画像1

 22日に京都競馬場で行われたマイラーズC(G2)は、福永祐一騎乗の4番人気サングレーザーがレコードで完勝。昨年のマイルCS(G1)3着馬が、春のマイル王決定戦・安田記念(G1)に向けて大きな弾みをつけた。

 その一方で、完敗を喫してしまったのが昨年のマイルCS・2着馬でこの日、単勝2.9倍の1番人気に支持されていたエアスピネル(牡5歳、栗東・笹田和秀厩舎)だ。

 14頭立てで行われたレースで、エアスピネルは好スタートを決めると無理せず中団から。開幕週で前が止まりにくい馬場コンディションを考慮した武豊騎手は、勝負所で早めに進出。最後の直線では先頭集団を射程圏に入れた絶好のポジションだった。

 レース後、元JRA騎手で通算1111勝を上げるなど、数多くの大レースを制した安藤勝己氏が公式Twitterを通じて「上手く乗ってる」と称賛するほど完璧な競馬。あとは先頭集団から先に抜け出した2番人気のモズアスコットを捉えるだけだったが……。

「レース自体は悪くなかったと思う。勝ち馬は強かったけど、この馬も反応がいい頃に比べるとちょっと物足りなかったね」

 鞍上の武豊騎手がレース後にそう振り返ったように、そこから期待されていたほどの伸びを見せられないエアスピネル。最後には外から強襲したサングレーザーにまとめて交わされ、3着に敗れた。

武豊エアスピネル、アンカツ絶賛の「完璧騎乗」も完敗……横綱スワーヴリチャード合流で「絶望的」安田記念(G1)に残された「望み」はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!