NEW

パチスロ「失敗作」リバイバル疑惑に不満殺到…… 「大コケシリーズ機」「爆裂スペック」が「5.9号機」で再び登場か?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「失敗作」リバイバル疑惑に不満殺到...... 「大コケシリーズ機」「爆裂スペック」が「5.9号機」で再び登場か?の画像1

 昨年から駆け込み申請が相次いでいた旧規則機パチスロ「5.9号機」。今年2月から開始された新規則「6号機」を前に、大量の「5.9号機」が保安通信協会(保通協)へ持ち込まれていたようで、昨年以上に多くの新機種が発表されている。

 先月だけでも19機種ものパチスロが検定を通過。新システム「HYPER RT」で話題を集めた『パチスロ天元突破グレンラガン極』(スパイキー)、『ゴッド』シリーズのスピンオフ機『アナターのワイフ ゆるせぽね』(ミズホ製)など注目機種が名を連ねている。

 今月は現在(4/23)までに発表されている新機種が6台と先月に比べ少ないものの、サミーの復刻機『ディスクアップ』が検定を通過するなど、話題を集める新台は多いが……。

 そんな新機種に対し疑問を感じるユーザーも少なくない。それは新機種の”名称”に関することである。

「ここ数ヶ月の新機種を見ると、過去に販売された機種と”ほぼ同じ名称”の新台が多く目立っています。

例えば、2015年に販売された『HANABI』は昨年11月、ほぼ同じ機種名で検定を通過したことが明らかになっていますね。前作が旧基準機仕様なので本作は『5.9号機』ヴァージョンかと。この他、昨年末に登場した5.9号機『パチスロ ゴッドイーター2』が今年4月に同一の名義で検定を通過していますよ」(記者)

『HANABI』のようなノーマルスペックであれば、出玉リミッターなどの影響を受けることはなく、販売される意義は大いにある。

 だが、『ゴッドイーター2』など獲得出玉に制限がある「ARTスペック」を販売するメリットは果たしてあるのだろうか。

パチスロ「失敗作」リバイバル疑惑に不満殺到…… 「大コケシリーズ機」「爆裂スペック」が「5.9号機」で再び登場か?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!