NEW

NHKマイルC(G1)「G2降格」現実味……「出走馬」低レベル過ぎで「マル外ダービー」の成れの果てにJRAも危機感

【この記事のキーワード】, ,
NHKマイルC(G1)「G2降格」現実味......「出走馬」低レベル過ぎで「マル外ダービー」の成れの果てにJRAも危機感の画像1

 NHKマイルC(G1)は、いつから「残念・桜花賞&皐月賞」になってしまったのだろうか……。

 5月6日に東京競馬場で行われるNHKマイルC(G1)開催まで2週間を切り、JRAは公式ホームページ上で特別登録馬を公開。第1回登録では、合計22頭が顔を揃えた。

 今年からアーリントンC(G3)が3月から4月に移動し、上位3着までにNHKマイルCの優先出走権が与えられるなど、3歳マイル王決定戦とより密接な関係となった。その背景には、近年のNHKマイルCの”低レベル化”を懸念したJRAが、3歳マイル路線の充実を図ったと言われているが、残念ながら「効果があった」とはあまり言えなさそうだ。

「今年は元からあった関東のニュージーランドTの翌週に、関西でアーリントンCが移動したことでメンバーの分散化が見られました。そのため、どちらもあまりレベルの高い内容ではなかったですね。

これまでなら、ニュージーランドTの有力馬には前走アーリントンC好走組が挙げられますが、今年はそれらが不在。移動したアーリントンCの方もニュージーランドTにメンバーを吸われる形で未勝利戦を勝っただけの1勝馬や、オープン実績のない馬が数多く見られ『本当にこれは重賞でいいだろうか』と感じました。はっきり言って以前の方が、まだよかった気もしますね」(競馬ライター)

 同時にクラシックの桜花賞や皐月賞といったG1レースが行われている、この時期。元々メンバーが薄いところに、同条件の重賞を固めれば出走メンバーが分散し、低レベル化が避けられないことは少し考えればわかりそうなものだが……。

 JRAがこういった”苦肉の策”に出ているのもNHKマイルCが「日本競馬史上かつてない危機」に陥っているからだ。

NHKマイルC(G1)「G2降格」現実味……「出走馬」低レベル過ぎで「マル外ダービー」の成れの果てにJRAも危機感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?