NEW

天皇賞・春(G1)「疑惑」シュヴァルグランに異変!? 世界のH.ボウマン招聘で「不動の大本命」のハズが、現場に渦巻く「燃え尽き」の声

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞・春(G1)「疑惑」シュヴァルグランに異変!? 世界のH.ボウマン招聘で「不動の大本命」のハズが、現場に渦巻く「燃え尽き」の声の画像1

 29日に開催される今年の天皇賞・春(G1)において不動の本命になりそうなのが、昨年のジャパンC(G1)を制したシュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 出走馬唯一のG1馬にして、一昨年3着、昨年は2着。互角の勝負を演じてきたのは、歴史的名馬としてターフを去ったキタサンブラックであり「戦ってきた相手が違う」というわけだ。

 それも今回は、昨年のジャパンCでコンビを組んだ世界No.1騎手H.ボウマンを招聘しており、まさに鬼に金棒の状態。大得意の長距離戦でのビッグタイトル獲得に待ったなしといったところだろう。

 したがって本来なら、単勝1倍台の大本命に推されるべき存在だが『netkeiba.com』の事前予想では1番人気ながら単勝3.3倍と、決して抜けたものではない。各メディアも有力候補としながらも、絶対的な存在として報道しているのは少数派で、今年の天皇賞・春は依然、混迷を深めたままだ。

 このような状況を招いている理由は「あまりにも不甲斐なかった」と述べざるを得ない、前走の大阪杯(G1)でのシュヴァルグランのレースぶりだ。

 3歳夏以来となる2000m戦。戦前から距離不足が囁かれていたが、それでも本馬は2400m戦のG1馬として4番人気に支持されていた。

天皇賞・春(G1)「疑惑」シュヴァルグランに異変!? 世界のH.ボウマン招聘で「不動の大本命」のハズが、現場に渦巻く「燃え尽き」の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由