NEW

JRA田中博康厩舎「超速3勝」で出世確定か……調教師に至った経緯としたたかな「システム」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA田中博康厩舎「超速3勝」で出世確定か......調教師に至った経緯としたたかな「システム」の画像1

 今、田中博康厩舎が熱い。

 今年の3月から開業した新人調教師であるが、すでに3勝をマークしている。順調な武幸四郎厩舎が3勝で、開業前は注目度が低かった田中博調教師も同じ勝ち数であるのは、上々の滑り出しである。勉強熱心であるがゆえに、関係者の評判もよく、開業前からエイシンの栄進堂、サトノの里見治オーナーの協力を取り付けた。当然良い馬がまわってくるが、その想いに応えて結果を出す田中博調教師もさすがである。

 そんな彼がジョッキーから調教師へ転身しようと思ったのはいつから、どういうキッカケだったのだろうか。

「田中博康調教師のジョッキー時代といえば、2009年のクイーンスプマンテでエリザベス女王杯を勝ち、大穴を開けた事がクローズアップされますが、シルクメビウスという馬の主戦ジョッキーであり、ダートのユニコーンSや東海Sを優勝、ジャパンカップダート2着等、ダート戦線でも活躍していました。ですが2010年、人気にはなるシルクメビウスを3着にも持ってこられないレースが2戦続いた彼は、次のレースから乗れなくなります。

翌年の2011年、武豊の勧めもあり、ヨーロッパへ一年間の武者修行へ旅たちました。温厚な性格が裏目に出ているので、技術向上だけでなく、メンタル面を強化する為にも、敢えて日本とは違う環境に身を置いてみたのです」(競馬記者)

 しかし、そこで田中は想像以上の刺激を受けることになったという。

JRA田中博康厩舎「超速3勝」で出世確定か……調教師に至った経緯としたたかな「システム」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!