NEW

パチンコ「甘いのに2400発」を超える感動? 進化が止まらない「甘デジ」戦国時代へ「本名機」登場!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「甘いのに2400発」を超える感動? 進化が止まらない「甘デジ」戦国時代へ「本名機」登場!?の画像1

 度重なる出玉規制の影響もあり、かつての勢いを失いつつあるパチンコ。90年代には約3000万人といわれていた遊技人口も、現在は約940万人と3分の1の水準にまで落ち込んでいる。

 そのような状況下、怒涛の勢いで台頭してきたのが「甘デジ」だ。

 大当たり確率が1/100前後となった甘デジは、気軽に遊べる点が最大の魅力。激アツ演出などを頻繁に見られることも、ユーザーの支持を得ている要因だろう。

 そんな甘デジの”進化”が止まらない。「遊びやすい」という利点を活かしつつ、さらなる「魅力」を有した機種が続々と開発されている。

 3月には甘デジの領域を凌駕する「スゴ甘」として『CRモンキーターン4』(西陣)が登場。大当たり確率は1/66.60(1/22.20)で確変割合が100%の10回リミットタイプとなる本機は、怒涛のボーナスラッシュを体感できる仕様だ。

 4月2日にデビューした『CRA大江戸学園~神~』(ニューギン)は、新感覚の「時間管理」タイプ。制限時間内であれば何度でもV入賞へ挑戦できる、1種2種混合機を応用した非常に斬新なゲーム性と言えるだろう。

 5月には『CR秘宝伝 秘められし時の鼓動 99ver. 』(大都技研)が登場予定。甘デジであるにも関わらず「約2400発」当たりを搭載した強烈な出玉性能が熱視線を浴びている。

 このような新機種たちの影響もあり、甘デジに対するユーザーの注目は確実に高まっているが……。

 激戦の甘デジ分野が、さらなる盛り上がりを見せそうな気配だ。ヒットメーカー平和は、心打つ珠玉の物語を武器に多くのユーザーを虜にした『めぞん一刻』の甘デジバージョンを発表した。

パチンコ「甘いのに2400発」を超える感動? 進化が止まらない「甘デジ」戦国時代へ「本名機」登場!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!