NEW

ディープインパクト産「2億8000万」が輝く!? 青葉賞(G2)スーパーフェザーの「期待」と「不安」の間

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディープインパクト産「2億8000万」が輝く!? 青葉賞(G2)スーパーフェザーの「期待」と「不安」の間の画像1

 今週土曜に開催される”ダービーの登竜門”青葉賞(G2)。ダービーと同じ芝2400mの距離、2着まで入れば優先出走権が得られるとあって、19頭の登録があった。この中でも注目される1頭、スーパーフェザーを紹介したい。

 この馬は2016年セレクトセールにおいて、2億8080万円で落札されて話題を呼んだ。2017年10月28日京都でデビューし、馬場が悪かったものの後方から上がり最速で抜き去り新馬勝ち。2戦目は年明けて京都・若駒ステークスだったが、3カ月ぶりの実戦が影響したか、出遅れて後方追走し、外々を回らされて6着。続く小倉・あすなろ賞も出遅れて後方からとなり、最速上がりも2着と勝ち切れなかった。しかし、勝った相手が重馬場を苦にせず楽に逃げ切る強いレースで、追い込むフェザーの競馬は特に劣るものではなかった。(勝ち馬は後に皐月賞馬となるエポカドーロ)

 そして4戦目、スーパーフェザーの強さが完成する。阪神の芝2400m、アザレア賞。出遅れることなく中団の前目につけるレース運び。3コーナーから進出し始め3番手、4コーナーから直線に向けて外目を上がって行き、最後は上がり最速で抜き去り1着。陣営が常々「馬がレースを覚えていってる」とコメントを出していたが、学習能力の高いスーパーフェザーのポテンシャルを感じる一戦だった。

「クラシックディスタンスであるアザレア賞を勝ったのは、陣営も相当自信となったはずです。馬場に関係なく確実に追い込む脚があり、これは当然東京で大きな武器になりますよ。また操作性も追い出す時の反応もいい。今年の皐月賞は馬場悪化で荒れたレースでしたが、それだけにダービーは主役不在とも言えます。ならばこの馬も有力候補ですよ。今年こそ青葉賞からダービーを制覇する馬が誕生してもおかしくありません。……まあ、その前に青葉賞を勝たなければなりませんが。やってくれるんじゃないでしょうか。」(現場記者)

ディープインパクト産「2億8000万」が輝く!? 青葉賞(G2)スーパーフェザーの「期待」と「不安」の間のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!