NEW

天皇賞・春(G1)シュヴァルグランは「3着」決定!? 現在「継続率100%」で開幕5連勝中……2018年G1レース「3着馬」の驚愕法則とは

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞・春(G1)シュヴァルグランは「3着」決定!? 現在「継続率100%」で開幕5連勝中......2018年G1レース「3着馬」の驚愕法則とはの画像1

 もしもレース前に「『絶対に3着になる魔法』がありますが、使いますか?」と聞かれたら、どうするだろうか……。

 競馬にとって「3着」は決して悪くない結果だ。オリンピックなら堂々のメダル獲得である。しかし、その一方「絶対に3着になる」ということは「絶対に負ける」ということであり、当然ながらその時点で1着や2着の望みは絶たれるのだ。

 そんなありもしない妄想をしてしまうのも、実は今年の天皇賞・春(G1)において「6枠11番」の馬が「3着」に来ることが、予め決まっているからだ。

 無論、繰り返し先に断っておくが他愛もない妄想である。しかし、2月のフェブラリーS(G1)で幕を開けた今年のG1戦線では「一概に無視できない偶然」が続いていることをご存じだろうか。

 2月18日のフェブラリーS(G1)で3着に来たのは「3枠6番」のインカンテーション。ハイペースの中、道中無理をしなかった6番人気馬の好走だった。続いて、3月25日の高松宮記念(G1)では「4枠7番」で10番人気だったナックビーナスが3着に激走。高配当の使者となっている。

 さらにG1昇格から2年目を迎えた4月1日の大阪杯(G1)では、「4枠8番」で2番人気だったアルアインが3着。こちらは悔しい結果といえるだろう。その翌週の8日に行われた桜花賞(G1)では3番人気だった「5枠10番」のリリーノーブルが順当に3着。勝ったアーモンドアイ、2着のラッキーライラックに力の差を見せつけられた、納得の結果といえるのではないだろうか。

 そして、前回のG1にあたる皐月賞(G1)では「5枠10番」のジェネラーレウーノが、8番人気の低評価を覆して3着に好走……。同じ3着という結果でも、馬の立場によって”喜怒哀楽”は様々であることがわかる。

 では、今回の天皇賞・春で1番人気が濃厚な「6枠11番」シュヴァルグランにとって、3着という結果は、やはり「望まぬ結果」と言えるのではないだろうか。もうお気付きの読者もいらっしゃると思うが、下記がその理由である。

天皇賞・春(G1)シュヴァルグランは「3着」決定!? 現在「継続率100%」で開幕5連勝中……2018年G1レース「3着馬」の驚愕法則とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」